写真提供:マイナビニュース

写真拡大

NTTドコモは、コインパーキングの初期投資を削減できる「docomoスマートパーキングシステム」を開発、同システムとプレステージ・インターナショナル(PI)および、プレミアモバイルソリューション(PMS)が運営する保守・運用サービスと組み合わせて、コインパークやシェアリングサービスの一部駐車場にて6月13日から2017年3月31日の期間、実証実験を開始すると発表した。

同システムは、車の入出庫を感知する機能を搭載したIoT機器「スマートパーキングセンサ」、通信モジュールを搭載したゲートウェイや、クラウド上の駐車場管理サーバから構成される。これにより、駐車場運営事業者は、これまで採算が合わない小規模な土地でも、工事期間が短く、安価にコインパーキングの開設や運用が可能となり、空き地の一時的な駐車場への利活用が進むことで、都心や住宅街での慢性的な駐車場不足解消にもつながるとしている。

また、ドライバーは、専用アプリから事前に空車状況を確認した上で駐車を予約することが可能となるため、現地で駐車場を探す手間が省けるほか、専用アプリを通じて利用時間に応じた料金の自動決済が可能となるため、支払い時の現金の用意も不要となる。

今回の実証実験において、NTTドコモはシステムを提供、PIとPMSは、駐車場運営事業者に対し、ドライバーからの問い合わせ対応や、不正駐車の監視や駆けつけサービスなどの保守・運用サポートを行う。また、既存の駐車場運営事業者であるコインパークやシェアリングサービスが運営する一部の駐車場において、センサとシステムの実用性や信頼性を検証するほか、2016年10月より、シェアリングサービスの駐車場予約サービス「トメレタ」のサイト/アプリから予約をすることで、ドライバー向けに試験提供も行っていくという。

(Aries)