長友佑都

写真拡大

 サッカー日本代表の長友佑都とタレントの平愛梨が、結婚前提の真剣交際をしていることが明らかになった。

 スクープしたのは発売中の写真週刊誌「フライデー」(講談社)。交際は、かれこれ2年半に及び、平の妊娠もウワサされている。

 長友は平を「アモーレ(最愛の人)」と呼び、平も妊娠については否定したが、堂々と交際を認めた。

 ただし、フライデーには気になる記述も。平と所属事務所の関係が、どうもうまくいっていないようなのだ。

「彼女の所属事務所では、昨年に稼ぎ頭の安室奈美恵さんが離脱。代わりに売り出したのが平さんでした。このタイミングで彼女も不在となるのは痛い。事務所は彼女に結婚の先延ばしを求めてしていたそうですが、彼女は最後まで首を縦に振らなかったそうです」(事情を知る関係者)

 フライデーではそのあたりの詳しい社内事情まで暴露されていることから、事務所リーク説もウワサされているが……。

「それが、出どころは事務所ではないようです。平さんは結婚を既成事実化するために、彼との交際をオープンにしたがっていた。その意をくんだ彼女の周辺者から流れたといわれています」(同)

 実際、同誌の報道を機に2人は交際を堂々と認め、結婚の機運はこれ以上ないほど高まっている。世論も応援ムードで、こうなっては所属事務所も結婚を認めるしかない。

 スポーツ紙記者は「まさに、してやったりですね。自分たちで世間を味方につけたことが何より大きい」と感心する。平は長友と結婚後、芸能界を引退し、イタリアに移り住むというが……。