だまされたと思って食べてみて

写真拡大

湖池屋は2016年5月30日、「ポテトチップス トースト味」「ポテトチップス 牛乳味」を発売した。

「もも味」「バナナ味」など、正直「キワモノ」と言いたくなるようなフレーバーのポテトチップスを数々世に送り出してきた同社から、また「どんな味だよ!」という商品が登場。しかし食べてみた人の評価は意外にも...。

昭和生まれは牛乳派、平成生まれはトースト派に!?

「トースト味」は北海道産バターを使用し、食パンを焼いたときの香ばしい香りと味わいを表現。「牛乳味」は牛乳の味わいと香り、さらにカルシウムもチップスに込めた意欲作だ。

湖池屋が自社の新商品をレビューするブログ「ぱくログ新商品」では、トースト味は「バターの味わいとトーストの少し焼けた香りが感じられ」る、牛乳味は「ほんのり甘さがあり子供のときに昔飲んだホットミルクを思わせる優しい味」と評価されている。

自社商品なんだからそりゃあ悪いことは書かないでしょ...ということで、一般の意見はどうか。

ツイッターでは、

「どちらも二枚でダウンしました!やべえ!あれは勝てる気がしねえ!」

と、やはり口に合わなかった人もいるようだが、

「牛乳味:袋開けた瞬間もう牛乳のにおい。口に入れるとほんのりとした優しい甘さと牛乳の味。牛乳飲みながらポテチ食ったらぜったいこんな味。うまい トースト味:パリパリ感もあってポテチ食ってる気がしないぐらいトースト(うまい)これ上に色々のせて普通にトースト代わりに使える」
「トースト味の再現率に感動しました。まさしく珈琲館(編注:喫茶店)のトーストそっくり。牛乳味も悪くなく、懐かしい風味がしました。昭和生まれは牛乳派、平成生まれはトースト派に割れました」
「ポテトチップスのトースト味はおいしい コパン(編注:明治が販売するパン風味菓子)みたいなイメージ」
「牛乳味を食べたけど、ふんわり甘くてふんわり牛乳風味で結構美味しい。牛乳のいいところ持ってきた感じ!」

などなど、意外にも?高評価が相次いでいる。

キワモノだと思っておそるおそる食べてみた人もいるようだが、

「どうしたコイケヤ!!めっちゃ美味しいジャマイカ!」

とビックリしている様子。キャラクターの「ムッシュ・コイケヤ」がニンマリしていそうな好評ぶりだ。

価格はオープン。