写真提供:マイナビニュース

写真拡大

IDC Japanは6月6日、国内携帯電話およびスマートフォン端末の2016年第1四半期(1〜3月)の出荷台数を発表した。

これによると、同年同期の国内携帯電話出荷台数(スマートフォンと従来型携帯電話の合計)は、前年同期比12.1%減の806万台となり、4四半期期連続のマイナス成長となった。

同社はマイナス成長の要因として、国内通信事業者がAndroid端末の在庫調整を実施したことを挙げており、同端末の出荷台数は、前年同期比26.1%減の252万台だったという。

携帯電話の出荷台数が減る中、アップルは400万台のiPhoneを出荷し、前年同期比12.3%増のプラス成長を達成。国内携帯電話市場の約5割(49.7%)のシェアを獲得して首位の座を維持している。

第2位以降は、「AQUOSシリーズ」のシャープが第2位、KDDI向けを中心にスマートフォンと従来型携帯電話を出荷している京セラが第3位となっている。

スマートフォンの出荷台数は654万台、前年同期比6.2%減のマイナス成長となった。ベンダー別シェアは、アップルが61.2%とシェアを拡大して第1位を獲得、携帯電話と同様、シャープが第2位となった。第3位には、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの3社に「Xperiaシリーズ」を提供しているソニーがランクインした。