「大冒険!ウルトラマンARスタンプラリーinふくしま」をこの夏より実施

写真拡大 (全3枚)

今夏、福島県全域の15コース全40か所にわたる広大なエリアを利用したデジタルスタンプラリー「大冒険!ウルトラマンARスタンプラリーinふくしま」が開催される。開催期間は2016年7月14日(木)〜2016年10月16日(日)まで。

スタンプラリーには専用のARアプリケーション「福島県ウルトラマンARスタンプラリーアプリ」を使用するが、このアプリの対応機種はiPhone(5以降)及びGPS機能を搭載したスマートフォン(Android)。それぞれApp Store及びGoogle Playで2016年7月14日から、無料での配信を予定している。

アプリ内に登場するキャラクターとして、今年が放送開始50年となるウルトラマンを始め、ウルトラセブン、ウルトラマンゼロ、ウルトラマンギンガ、ウルトラマンエックスなど歴代のウルトラ戦士たちがフル3DCG・オリジナルSEで画面狭しとアクションを繰り広げる。

また、ゴモラやバルタン星人、キングジョーなど人気のウルトラ怪獣・宇宙人も登場するほか、ウルトラ怪獣を女の子に“変身”させるプロジェクト・ウルトラ怪獣擬人化計画からも2キャラクターが登場。合計で40体ものキャラクターが各ARポイントに登場するほか、各エリアを制覇すると使用可能になる特典画像も用意されており、過去のスタンプラリーアプリの中でも最大級のボリュームとなっている。

またこのアプリはスマートフォンのGPS機能を利用し、参加者が福島県内の様々な観光地に設定されたポイントを実際に訪れることによって、AR(拡張現実)を楽しむことができる。スタンプラリーの開催期間中、各地を周りアプリ内でARキャラクターを一定数以上集め福島県内の「スタンプラリー景品交換所」を訪れると、参加賞のほか、抽選で限定グッズが当たるキャンペーンも実施される予定だ。

■ARのコースおよびポイント
○県北エリア…3コース9箇所 (福島駅、道の駅安達、安達太良サービスエリア ほか)
○県中エリア…4コース11箇所 (郡山駅、須賀川市、福島空港 ほか)
○県南エリア…1コース3箇所 (小峰城、南湖公園)
○会津エリア…3コース7箇所 (鶴ヶ城、猪苗代湖、道の駅みしま ほか)
○南会津エリア…1コース3箇所 (大内宿)
○相双エリア…1コース2箇所 (セデッテかしま)
○いわきエリア…2コース5箇所 (いわき市石炭・化石館ほるる、小名浜港)


©円谷プロ

■大冒険!ウルトラマンARスタンプラリーinふくしま

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
・世界初のふなっしーじー舞台「レジェンドオブふなっしー」のアフレコを実施!
・CESA、ゲーム業界に興味を持つすべての学生のためのワークショップを開催
・ついに「こち亀」40周年!テレビスペシャル番組をアニマックスで放送
・マテルから「ゴーストバスターズ」の製品が登場。コスプレできる「エレクトロニック・プロトンパック」も
・「サントリー自販機限定 完全描き下ろし 働く人の名作デジタル漫画」が当たるキャンペーンを実施