日本で暮らしている日本人からすれば、日本国内にあるトイレはごく「当たり前」の機能を備えているだけにすぎないと考えがちだが、中国人からすれば日本のトイレは「至れり尽くせり」に感じるようだ。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 日本で暮らしている日本人からすれば、日本国内にあるトイレはごく「当たり前」の機能を備えているだけにすぎないと考えがちだが、中国人からすれば日本のトイレは「至れり尽くせり」に感じるようだ。

 中国メディアの今日頭条はこのほど、「トイレと言えば、不潔な場所と考えられている」と伝える一方、中国人はトイレのデザインや設計に対して「気にも留めずにいた」とする一方、日本人はトイレをいかに快適な空間にするかを非常に気にかけていると伝え、「日本のトイレは凄すぎる」、「トイレの設計において、日本人が思いつかないことなどあるのだろうか」と伝えている。

 記事は、日本のトイレは用を足すという本来の役割のほかにも休む、リラックスするなどの役割もあると伝え、「日本のトイレは世界でもっとも人に優しい」と絶賛した。さらに、日本人は「トイレに必要なものはもうこれ以上存在しない」という水準まで、トイレを快適な空間へと昇華させていることを称賛した。

 日本メーカーの温水洗浄便座を中国人旅行客が爆買いしたように、中国では洗浄便座を絶賛する声は少なくないが、トイレという空間そのものを評価する意見も実は数多く存在する。ベビーベッドが設置されていること、トイレットペーパーが無料で設置されていること、傘立てやバックを吊るしておけるフックが存在することなど、清潔なだけでなく、利用者の立場になった設備や機能が存在する。

 また、女性用トイレであれば、化粧直しができるパウダールームが一体化しているトイレもあり、確かに日本のトイレは「用を足す」だけの空間ではない。清潔なトイレが少ない中国からみれば、確かに日本のトイレは称賛に値する空間であろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)