アップルのiPhoneは世界のどこにでもある。人々はどこででも、まるで取りつかれたようにiPhoneを使っている。だが、世界で最も豊かな都市であっても、そこの住む人々のiPhone購入力はまちまちだ。

写真拡大

アップルのiPhoneは世界のどこにでもある。ニューヨークからロンドン、さらにはウクライナの首都キエフに至るまで、人々はどこででも、まるで取りつかれたようにiPhoneを使っている。だが、世界で最も豊かな都市であっても、そこの住む人々のiPhone購入力はまちまちだ。中国広播網が伝えた。

米ニューヨーク・タイムズ紙(電子版)の報道によると、購入力にばらつきがあるのは、iPhoneの販売価格が異なるからではなく、人々の収入の差が原因だという。UBSの統計データによると、ロンドン市民は41.2時間働けばiPhone6を手に入れることができるが、ニューヨーカーはわずか24時間働けば購入できる。とすると、ニューヨーカーに比べ、ロンドン市民の収入は、驚くべき高さの生活費の割にはかなり低いことになる。ロンドンは平均総収入トップ10都市に入っていない(13位)が、ニューヨークは4位だ。

アテネでは平均98時間、北京では平均218時間働けば、やっとiPhone6を買うことができる。ナイロビ(ケニア)は468時間、キエフは627時間と、より長い時間労働に励まなくてはならない。だが、収入ランキング首位のチューリヒ(スイス)に住んでいるならば、わずか20.6時間働くだけでiPhone6が手に入る。

世界中で販売されているもう一つの商品、マクドナルドのビッグマックの場合、状況はやや好転する。ビッグマック1個買うには、キエフ市民は平均55分働けば良いが、これはニューカー平均の約5倍に相当する。(提供/人民網日本語版・編集/KM)