従業員のエンゲージメント率は、年齢や役職とともに高くなる?

写真拡大

従業員の「エンゲージメント」とはつまり、組織で働く人々の士気が高く、彼らが会社に情熱を持ち、会社と自分の未来に胸を躍らせることを意味する。仕事に対してエンゲージメント率が高いということは、そこに幸せを感じているといえる。

だがそのエンゲージメントの度合いは、従業員によってばらつきがあり、それには年齢や性別といった要因が大きく関係している可能性がある。

市場調査&データサービス会社クオンタム・ワークプレイスは最近、これに関するある調査結果を発表した。2015年に8,700企業以上、500万人を超える従業員から集めたデータを集計したところ、エンゲージメント率は男性が72.7%、女性が67.9%と、全体としては男性の方が高かった。会社に「貢献している」(調査によればエンゲージメントよりは士気や情熱の度合いが低い)と回答したのは、男性が30%近く、女性は24.6%だった。

同社が過去に集計したデータと比べると、2015年は男女ともに職場でのエンゲージメントの度合いが向上しているが、男性は11倍の向上が見られた。

男性と女性ではエンゲージメントを促す要因は異なる。しかし、なぜ結果に差が出るのかと尋ねると、クオンタム・ワークプレイスのグレッグ・ハリスCEOは、賃金の格差や努力が公平に報われるかどうかについての感じ方に違いがあるのではないかとの見方を示した。

「給与については驚かない。よく報じられていることだから」とハリスは言う。ハリス自身、自分以外のプロフェッショナル(職場に焦点を当てたパネリストや会議でのスピーカーなど)に、性別によるエンゲージメントの差について尋ねてみたという。すると中には、男女の賃金格差がなかなか是正されないことを考えると、エンゲージメントの差が思ったよりも小さいことに驚いているという声もあった。

全ての企業で給与の格差が問題だとは限らないが、今回の調査における回答者たちは、この問題に影響を受けている可能性がある。「問題が実際の給与格差なのか、それとも給与に格差があると感じていることなのかは分からない」とハリスは言う。「これらの企業の実際の給与データは入手していない」

回答者のうち、性別を男性とも女性ともしなかった回答者は557人と、全体のおよそ0.1%だった。これらの回答者のうち、エンゲージメントを感じていると回答したのはわずか41%。またこのカテゴリーは、エンゲージメントを感じない(17%)人や反発を抱いている(12.2%)人の割合が最も高かった。

また25歳未満の従業員のエンゲージメント率は70.7%。26〜35歳のミレニアル世代になるとこれが67.3%に下がった。それ以降の年齢グループでは、年齢が上がるにつれこの割合が着実に上昇し、66歳以上の従業員が最高で77.3%だった。

ハリスはこの結果について、いかなる特別な傾向も示すものではないと言う。実際、これらのパーセンテージはもう何年も、ほとんど変化がない。「役職レベルで区切って見ると、組織の上の方にいる人ほどエンゲージメント率が高い」と彼は言う。「役職レベルを予測する上で、ある程度の参考になるのが年齢だ」

しかし、年齢を基にしたこんな見方もある。「25歳から35歳までの年齢グループは、20年前や40年前に働き始めた人々と本質的には変わらない」とハリスは言う。「だが彼らは今後の全てのキャリアを見据えており、55歳から65歳の従業員に比べるとより批判的な姿勢である可能性がある。考えが成熟し、職場環境の些細な問題はさほど気にならない高齢の人間に比べて、彼らの方が賭かっているものが大きいからだ」