フィギュアは表情や髪の毛、衣装など細部までこだわり立体化

写真拡大

バンダイナムコグループのバンプレスト(東京都港区)は、テレビアニメ「マクロスΔ(デルタ)」のプライズ(景品)を、2016年6月中旬から全国のアミューズメント施設へ順次投入する。

元気いっぱいの歌姫「フレイア・ヴィオン」、戦術音楽ユニット「ワルキューレ」エースボーカル「美雲・ギンヌメール」、Δ小隊の紅一点パイロット「ミラージュ・ファリーナ・ジーナス」ら、同作に登場するキャラクターのリアルフィギュア(全高約17〜18センチ)を6月中旬から3か月連続で投入。各キャラクターの魅力を最大限に引き出せるよう、表情や衣装、ポージングなど細部にこだわり立体化したという。いずれもABS製台座が付属する。

同じく6月中旬から、様々なグッズをファイリングできる「アツメイター」ブランドから、「アクリルプレート〜ワルキューレver.〜」(全10種)を投入。スタンド型に組み立てて飾れるほか、そのままバインダーに収納も可能だ。