すべてのイヌは、ヨーロッパかアジアから生まれている:研究結果

写真拡大

長い間人類とともに暮らしてきたイヌが、いつ野生のオオカミから「人懐っこい友だち」になったのかはわかっていなかった。しかし最新の研究により、イヌの家畜化は、ヨーロッパとアジアで同じころに行われていたという新説が発表された。

「すべてのイヌは、ヨーロッパかアジアから生まれている:研究結果」の写真・リンク付きの記事はこちら

イヌは、人間が最も初期に家畜化を行った動物のひとつだ。人間が農業を始め、ヤギやブタを飼うようになる何千年も前から、イヌたちは人々と一緒に生活していたと見られている。

1万5,000年前ころの世界各地の集落から、イヌの骨に関する考古学的証拠が見つかっているものの、人間がどこで野生のオオカミを「人懐っこい友だち」に変えるプロセスを始めたのかについては、まだ科学者たちも確信をもっていない。

『サイエンス』誌に先ごろ発表された最新の研究では、イヌの家畜化は2度にわたって行われていたことが示されている。ヨーロッパとアジアで、おそらく同じころに行われていたという。

研究グループは、古代と現代のイヌから抽出したDNAの塩基配列を決定し、遺伝的浮動を測定した。

今回の研究で要となったのは、4,800年前、ストーンヘンジが建造されていたころにアイルランドで生きていたイヌの、保存状態のいい骨だった。研究グループは、このイヌのDNAを600個体以上に及ぶ現代/古代のイヌのDNA断片と比較。この西洋のイヌが、1万4,000〜6,400年前にアジアのイヌから分岐した遺伝群に属することを突き止めた。

もし話がこれで終わりなら、「イヌはアジアで家畜化され、ヨーロッパに広がった」という有力な証拠をわれわれは手にしたことになるだろう。

ところが、厄介な問題がひとつある。先述のアイルランドのイヌの祖先がアジアの血統から枝分かれする少なくとも1,000年前、いまから1万5,000年以上前のヨーロッパで、オオカミから家畜化されたと見られるイヌが存在していたことを示す証拠があるのだ。

研究グループは、後期旧石器時代(約1〜3万年前)に飼い犬が存在していたことを示す証拠はユーラシア大陸の両端で見つかっているが、ユーラシア大陸の中央部からは何も見つかっていないと述べている。

これまでに考古学者たちが旧石器時代の遺跡から発見してきた証拠に基づくと、どうやら人間に飼いならされたイヌは、約1万5,000年前のヨーロッパと東アジアに同時に現れたようだ。アジアのイヌが人間とともにユーラシア大陸をわたり、古代ヨーロッパのイヌに取って代わったのは、そのあとのことだと考えられる(今日のイヌのほぼずべては、遺伝的に、アジアで家畜化されたイヌの子孫だと考えられている)。

もしかしたら今後、古代のイヌに関する考古学的証拠が中央アジアから見つかるかもしれない。もしそうなれば、その証拠は、1万5,000年前ころに人間がイヌをアジアからヨーロッパに持ち込んだ可能性を示すことになるだろう。

つまり、1万4,000〜6,400年前のどこかの時点で、アジアからのイヌがヨーロッパに辿り着き、現地のイヌと交配して、大半がそれらに取って代わったということだ。

関連記事「ネコの起源」は中国

※以下は過去記事より、「イヌの系統」の基本的なグループに属する犬種を紹介するフォトギャラリー。

SLIDE SHOW 01

02

2/9マラミュート

"malamute-7" BY Brandon Keim (CC:BY-NC-SA)

03

3/9シャー・ペイ

"sharpei-12-3" BY Brandon Keim (CC:BY-NC-SA)

04

4/9アフガン・ハウンド

"jimmy-james-6" BY Brandon Keim (CC:BY-NC-SA)

05

5/9バセンジー

"basenjis" BY Brandon Keim (CC:BY-NC-SA)

06

6/9ラサ・アプソ

"ollie5" BY Brandon Keim (CC:BY-NC-SA)

07

7/9マスティフ

"mastiff9-2" BY Brandon Keim (CC:BY-NC-SA)

08

8/9シェットランド・シープドッグ

"shetland_sheepdog2" BY Brandon Keim (CC:BY-NC-SA)

09

9/9ファラオ・ハウンド

"pharaoh12" BY Brandon Keim (CC:BY-NC-SA)

Prev Next