梅雨どきの髪の広がりをおいしく食べて防ぐレシピ

写真拡大 (全2枚)

ついに梅雨入り。これからしばらくは、ジメジメとのつき合いが待っています。
湿気はさまざまな弊害をもたらしますが、なかでもやっかいなのが髪の毛への影響。広がるしうねるし、どうにもまとまらないんですよね。
困ったなぁと思っていたら、ライフハッカー[日本版]に、髪の広がりを防ぐとってもユニークな方法が紹介されていました。
「アボカド蕎麦がき」で髪悩みを解決
その方法とはなんと、「アボカド蕎麦がき」を食べようというもの。アボカドに含まれるビタミンB6や、そば粉に含まれるルチンなどにより、まとまりのある髪になれるのだそう。

アボカド蕎麦がき
【材料(1人前)】
アボカド......半分
そば粉......100g
塩......ふたつまみ
わさび......適量
白ごま......小さじ2
麺つゆ(3倍濃縮)......50ml(水150ml)
お湯......200ml
【作り方】
1. ボウルにそば粉と塩をひとつまみ入れ、お湯を入れてよく混ぜる。
2. 容器に、適当な大きさに切ったアボカドと塩をひとつまみ、わさびと白ごまを入れて混ぜる。
3. 器に1をよそい、麺つゆを水で割ったものを入れて、上に2をのせ、海苔をかける。
ライフハッカー[日本版]より引用

蕎麦がきって自宅で簡単につくれるんですね。それにも驚きました。
シャンプー前のひと手間がカギ
髪の広がりが気になるときは、ヘアワックスなどのスタイリング剤をつけて落ち着かせようとしますが、逆にベタベタした仕上がりになってしまうことも。
また、しっとり系のトリートメントもこの時期は重さが目立って、髪が妙にどっしりした感じになってしまったり......。
そんなときに試してほしいのが、シャンプー前にコンディショナーを使うという方法。
髪を濡らしたら、最初にコンディショナーをします。コンディショナーを流したら、シャンプーを。その後ふたたびコンディショナーをするという順番です。
これはヘアメイクさんにすすめられた方法なのですが、不思議と髪が落ち着き、広がりを防げるんです。変な重さもなく快適。サラッとしているのにまとまりのある扱いやすい髪になれますよ。
梅雨の悩みを解決する方法、まだまだいろいろとありそうですね。せっかくならおもしろいものを試しつつ、前向きに乗り切っていきたいです。
[ライフハッカー[日本版]]
image via shutterstock

この記事を気に入ったら、いいね!しよう。
Facebookで最新情報をお届けします。