トヨタ自動車とKDDIが6月2日、「グローバル通信プラットフォーム」の構築を共同で推進すると発表しました。

両社はクルマをネットワークに常時接続するための「DCM(車載通信機)」とクラウド間の通信を高品質、かつ安定的に供給すべく、国や地域で仕様が異なっているDCMを2019年までにグローバルで共通化していくそうです。

トヨタは2020年までに日本・米国市場で販売されるほぼ全ての乗用車にDCMを搭載し、その他の主要市場においても順次搭載を進めていく考え。

今回のグローバル通信プラットフォームでは、国境を越えた際にローミングではなく、コネクテッドカーに最適化された通信事業者を自動的に選定、DCMに内蔵されたSIMの設定情報を通信により書き換えることで、ユーザーはより低価格で高品質な通信が可能になるそうです。

トヨタとKDDIが共同で企画・設計し、開発・運用は600社以上の海外通信事業者との関係を有するKDDIが担当。

トヨタでは今回の「グローバル通信プラットフォーム」の構築を、クルマの「つながる化」に向けた重要技術に位置付けているそうです。

Avanti Yasunori

【関連記事】

日立オートモティブシステムズ、コネクテッドカー対応の事業部新設
http://clicccar.com/2016/03/16/359732/

トヨタがフォードとの連携で「T-Connect」を進化させる?
http://clicccar.com/2015/06/07/310838/

トヨタが新テレマティクスサービス「T-Connect」を披露!
http://clicccar.com/2014/10/14/272959/

経済効果43兆円! 自律走行車普及で事故90%減による米試算
http://clicccar.com/2013/11/06/235039/

2025年にネット通信で走る「コネクテッドカー」が6割に !
http://clicccar.com/2013/09/25/231556/

トヨタ、KDDIと共同で日米の全車両をネット常時接続化!(http://clicccar.com/2016/06/07/376715/)