160606 3Dpen

写真拡大

ハーバード大学の科学者が3Dの金属オブジェクトを作り出す画期的なペンを作り出した。

最近出た3Doodlerペンのコンセプトと似ているが、これはその上をいくもので、大人向けのあらゆる可能性が考慮されているのだ。

このペンは、医療用デバイスのパーツ作りに役立てることができる。かつての3Dプリンターは、枠組みに固定されなければならないことから、特定のデザインのものにしか対応できなかった。だが、このペンなら曲線やループを含む複雑なオブジェクトの製作が可能だ。

このペン型プリンターの使い道は無限大である。また、ゆくゆくはウェアラブル業界において、デザインの可能性を大きく左右するものになるだろう。

「銀」を「インク」に変えるペン

3Dプリンターペンは、レーザーの照射によって硬化する銀のナノ粒子をインクとして使う。

レーザーが照射されている状態で粒子がペンから絞り出されることで、空中に3Dオブジェクトを作ることができる。驚くのは作れるものの小ささだ。このペンは人の髪の毛ほどの細さの線を形成できる。

ハーバード大学Wyss研究所のエンジニアチームは、3Dプリンターペンが作られた経緯についてこう語った。
「最も大きな課題は、ペンがまともに機能するためのレーザーとノズルとの適正な距離を見つけることだった。レーザーとノズルが近すぎるとインクがペン先で固まり、詰まってしまうのだ。」

このペンが作り出せるものは、必ずや3Dプリンター市場に革命を起こすだろう。

(ReadWrite Japan編集部)

ReadWrite Japan編集部
[原文]