伝統はトレンドになじむ。450年の歴史から生まれた會津木綿スニーカー

写真拡大 (全4枚)

ファッションのなかに、スニーカーが欠かせない昨今。そろそろベーシックデザインから脱して、自分らしさを表現できる一足が欲しくなってきました。
伝統と最新の黄金バランスをもつスニーカー
綿製のものが多いスニーカーは、自然素材の衣類にこだわっている私にとって、素材的にもありがたい存在。なかでも、450年の歴史を刻む伝統の木綿を使ったスニーカーがあると知った日は、本当に胸が躍りました。

その木綿は、縞模様が特徴の「會津木綿」。
昔は紺地に白い縞といったシンプルなものが主流でしたが、現在では「縞」というより「ストライプ」という言葉の方がしっくりくるくらい、カラフルでポップな柄も増えています。
生地と織りは伝統を守り、デザインは現代的。まさに求めていた黄金バランスです。
伝統をつぎの世に伝えるために
「會津木綿」は、城下町であった会津の伝統産業でした。全盛期には織元が数百軒ありましたが、現在はたった2軒のみ。
そこで、福島県の呉服店「としの坊」店主、澁谷俊昭さんが立ち上がり、會津木綿にしかできない、オリジナリティあふれるファッションアイテムを数々考案。伝統を守りつつ、次の世代にまで伝えるべく進化させているそうです。

會津木綿を使った「會津コットンスニーカー」は、表地と裏地に別の柄を組合せてあります。ハイカットと折り返して履くローカットでは、違う表情になる仕掛け。可能な限り、地元職人さん達のハンドメイドで仕上げられています。
ハンドメイドならではのオリジナリティ
つま先とホール周り、ヒールカウンター部は上質なスエードを使用、インソールには衝撃吸収素材を入れて長時間歩いても疲れにくくするなど、全体の質感や実用性もしっかり考えられています。
また、今回用意された4タイプのデザイン(カラー)にはカラーネーム(白虎、朱雀、玄武、青龍)があり、それぞれのネームがアルファベット筆記体で刺繍されます。

主張せず、さり気なく入っているところに、會津木綿への敬意とデザインへのこだわりを感じます。
サイズ展開は24cm〜、販売開始は8月予定。価格は19,800円(送料、税別)ですが、6月29日まで開催中のクラウドファンディングから注文すると、お得に手に入るそうです。
ストーリーに共感して靴を選ぶのも、なんだか自分らしい感じがします。
[會津コットンスニーカー、としの坊]

この記事を気に入ったら、いいね!しよう。
Facebookで最新情報をお届けします。