美しいバストはブラから。正しい洗い方と干し方で断然変わる

写真拡大

「できることなら、ずっときれいなバストでいたい」

そう思っていても、肌と同じように、バストも老化するもの。

そこでグリッティでは、以前、下着メーカー『ワコール』に、きれいな形のバストでいるための秘訣を教えてもらいました。

そのうちのひとつが、自分に合ったブラジャーを着けること。とはいえ、ずっと着続けていると、汚れたり、型崩れしたり、くたれたりして、どんどん合わなくなってきてしまいます。

ブラジャーを少しでも長持ちさせるためには、正しい方法でお手入れしてあげることが大切です。

1. 絵表示をチェック

ブラジャーを洗う前に、まずは取扱い絵表示を必ずチェック。

間違った方法で選択していると、通常よりも早くくたれてしまいます。

絵表示が「洗濯機」の場合は、ホックを留めて、洗濯ネットに入れて弱水流で5、6分程度洗いましょう。全自動の場合は、ソフト洗いやランジェリーコースに設定を。

2. とにかくやさしく手洗いで

絵表示が「手洗い」のもの、ワイヤーが入っているものは、手洗いする必要があります。

着用中についた汗や皮脂の汚れは、放置すればするほど落ちにくくなってしまうので、着用のたびに洗ったほうがよさそうです。

ブラジャーの正しい手洗い方法は、こちらの動画を参考に。

汚れを落とすために、ついゴシゴシと洗ってしまいそうですが、その必要はありません。汗や皮脂は、「ふり洗い」するだけで簡単に落とせるとのこと。

また、ワイヤーが型崩れしないように、洗うときには「とにかくやさしく」が鉄則です。

3. 干すときには、ひと手間プラス

せっかく丁寧に洗っても、干し方が雑だと、結局形は崩れてしまいます。

意外と知らなかったブラジャーの干し方がこちら。

タオルで水気をとる、カップの形を整える、といったちょっとのひと手間で、ブラジャーの寿命を延ばすことができるんです。

見逃さないで! ブラの替えどきサイン

ただ、いくら正しい方法で洗濯していても、いずれ限界がやってきます。しかも、意外と知られていないのが、ブラの捨てどき。以下のサインが出ていたら、替えどきのタイミングです。

□ 見た目がくたびれている

□ カップがしわしわでへこんでいる

□ 調整してもストラップがずれる

□ サイドのメッシュ・ゴムが伸びたり、薄くなっている

□ ワイヤーが変形している

伸びきったり、くたびれていたりするブラジャーは、バストにも良くないし、着ていても気分があがりません。

身体にとっても心にとっても気持ちの良い状態を保つために、ブラジャーには愛をこめてお手入れしてあげたいところです。

あわせて読みたい

・バストのそげる。たわむ。外に流れる。を食い止めるには?

・タイミングがわからない。ブラジャーの捨て時って、いつ?

・とにかく「寄せて、あげる!」今日からしたいバストアップ法を伝授

この記事を気に入ったら、いいね!しよう

GLITTYの最新情報をお届けします。

FOLLOW US ON Twitter

FOLLOW US ON Instagram

[ワコール]

image via Shutterstock

文/グリッティ編集部・近藤うらら