『神のゆらぎ』ビジュアル ©2012 Productions Miraculum Inc.

写真拡大

映画『神のゆらぎ』が、8月6日から東京・新宿シネマカリテほか全国で順次公開される。

【もっと大きな画像を見る】

複数の物語が過去と現在を行き来しながら描かれる同作。共にエホバの証人である看護師と末期の白血病を患う婚約者、不倫を続ける老人のバーテンダーとクロークの女性、互いへの失望を隠しながら暮らすアルコール中毒の妻とギャンブル狂の夫、取り返しのつかない過ちを償うためにドラッグの運び屋になる男の姿を通して、それぞれの決断が思わぬところで他人の運命を変えていく様を描く。

キャストには、監督作『It's Only The End Of The World』で『第69回カンヌ国際映画祭』グランプリを受賞したグザヴィエ・ドランが名を連ねている。ドランは「今までやったことがない役どころだったので、ぜひ演じてみたいと思った」と出演を希望したという。メガホンを取ったのは『7 DAYS リベンジ』のダニエル・グルー。

なお同作は、7月16日から新宿シネマカリテで開催される『カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2016』でプレミア上映される。