いわば青春の蹉跌(さてつ)か。リオデジャネイロ五輪出場を逃した屈辱と悔恨を、どう4年後の東京五輪の歓喜に結び付けるのか。若手エースの柳田将洋はこう漏らした。

「この大会の結果は、ぼくのバレーボール人生では一番、悔しい出来事でした。この気持ちを忘れないで、これからの代表の試合に勝てるよう、しっかり自分なりに考えながら、行動できたらいいなと思います」

 リオ五輪の出場権をかけたバレーボール男子の世界最終予選兼アジア予選の最終日だった。5日の東京体育館。1日のイラン戦で右ひざを痛めた柳田は試合前、けがの状態を聞かれた南部正司監督に「大丈夫です」と強い口調で言い、出場を志願した。

 3試合ぶりにスタメン出場した柳田がコートで躍動する。確かにすでに五輪出場を決めていたフランスは主力を外してきたが、日本チームは最後にようやく日本らしいバレーをした。リズムがあった。いきなり、23歳はレフトから2枚ブロックを打ち抜いた。

 持ち前のジャンプサーブにも力が戻った。第1セットの終盤、柳田はスパイクでポイントを重ね、このセットを先取した。第2セット、強打を拾われると、フェイントでポイントを重ねた。第3セット、スパイクの着地のときに右ひざの衝撃を和らげるため、わざと滑ってかばいだした。

 でも、南部監督はメンバーチェンジをしなかった。こう説明する。

「どうしようかなという思いがあったんですけど、やはりコートに出ないと得られないものがあるという、そういった本人の強い思いが感じられたので、代えませんでした」

 結局、柳田はチームトップの14得点をマークし、ストレート勝ちに貢献した。ミドルブロッカー陣の速攻も機能した。日本は2勝5敗で8チーム中7位に終わり、2大会ぶりの五輪出場は成らなかった。

 それでも日本代表は幸せものである。この日も満員1万の観客から大きな声援をもらった。試合後、柳田に笑顔はなかった。コートそばで、マイクに声を張り上げた。

「これを新たなスタートにしたい。ぼくらの世代もしっかりと力が出せるように精進していきますので、これからもよろしく、お願いします」

"ぼくらの世代"、つまり若手たちはよくやったと思う。大会を通していえば、むしろ、清水邦広主将らベテラン勢が不甲斐なかった。特に要所でのミスで流れを失った。リオ五輪切符を逃した理由は、いかんともしがたい高さとパワーの差はともかくとして、1.サーブ力、2.ディフェンス(ブロックとレシーブ)、3.つなぎ、パスの精度――に甘さがあったからだ。

 相手が弱くて、ノープレッシャーなら、最後の試合ぐらいのプレーはできる。テクニックはあるのだが、それを重圧下で生かすスキルが足りないのである。若手は才能も人気もある。ただ、経験が足りなかった。

 もうひとりの若きエース、20歳の石川祐希は2日の豪州戦で右足首を痛め、その後は試合に出場できなかった。昨年のワールドカップ(W杯)で活躍した石川、柳田だが、対戦国は当然、このふたりを研究し、日本の弱みをついてきた。若手にはマークをはね飛ばす、経験やタフさはなかった。

 試合に出なかったというのに、石川はミックスゾーンでこの日も十数人のメディアに囲まれた。嫌な顔ひとつせず、同じような質問に真摯に答え続ける。

―― どんな大会でしたか?

「悔しい結果に終わりました。でも、これから自分が成長していくためには、必要なことが見つかった大会だったかなと思います」

―― 東京オリンピックに向けては?

「もっともっと、ひと回りもふた回りも成長していきたい。4年後だけじゃなく、1年、1年、課題を持ってやっていければいいのかなと思います」

 昨年のブラジル修行などで世界の厳しさを知るベテランの苦労人、福澤達哉は自身のパフォーマンスに落胆しながらも、若手にエールを送った。

「どうしても日本チームというのは、海外の高さ、スピードに慣れないといけない。こういう国際大会と国内リーグとは別ものです。いまの若手選手は能力が高いですけど、勝負どころでは経験の部分だったり、慣れの部分だったりが、そこが一番大きな差になってくるのかなと思います」

 リオ五輪の出場権を逃した責任を痛感していた清水主将もこう言った。

「もっと、いろんな経験をしていきたい。日本人だけで試合をやるのではなく、日本チームとして海外のチームともっと試合をしたり、海外でプレーしたりというルートを増やしていけば、日本はもっと強くなっていくと思います」

 もちろん、ブロックシステムや攻撃システムなど、代表チームとしての戦術、戦略は重要である。圧倒的な強豪チームとの体格差をどこでカバーするのか。が、まずは個々がもっと、たくましくならないといけない。

 大学生の石川は、短期のイタリア留学で海外選手への恐怖感が消えたと説明し、ふたたび、海外挑戦の意欲を口にしていた。Vリーガーの柳田もこの日の会見で、「海外経験は重要な要素だと思います」と語気を強めた。右ひざのアイシングが痛々しい。

「ぼく自身も、ワールドカップやOQT(世界最終予選)に立たせてもらって、海外の壁というのが、壊せてきたなと思います。海外でプレーすることにとても興味が強いですし、日本の選手層の厚みを出すためには必要不可欠な要素だと思っています」

 進退が微妙な南部監督は選手鍛錬の場となるVリーグのあり方にも言及し、「世界に挑戦できる選手はどんどんいくべきでしょう」と本音を漏らした。

 東京五輪では開催国の日本は出場できることになる。3大会ぶりの五輪出場は約束されているのだが、逆に五輪最終予選がないからこそ、より戦略的、かつ思い切った強化策が求められる。まずは個々の力量アップ。所属チームの理解も必要だが、はっきり書こう。

 若者よ、海外に出でよ。

松瀬 学●文 text by Matsuse Manabu