サンテ40の「ガラスの仮面検定」がマジで難しいからやってみて! 30年来のガラかめファンも白目になるレベル

写真拡大

待てど暮らせど新刊が出ない演劇漫画の金字塔といえば、美内すずえ先生の『ガラスの仮面』(白泉社)です。いつになったらラストが読めるのか、先の見えない華やかな迷路……50巻はいつ(白目)。

さて、ただいま参天製薬のサンテ40シリーズと『ガラスの仮面』がコラボして、「全国統一 ガラスの仮面検定」なるものを実施しています。抽選で『ガラスの仮面』グッズなどが当たるとのことで、そんなのやるしかない! と、いうワケでやってみました。

【白目アイマスクがもらえるぞ!】

「全国統一 ガラスの仮面検定」は、『ガラスの仮面』への愛をテストできる4択クイズ。「月影千草」、「北島マヤ」、「姫川亜弓」の3コースがあり、それぞれ20問が出題されます。

同検定にチャレンジすると、舞台「ガラスの仮面」のチケットや、ものすごく白目な「ガラスの仮面なりきりアイマスクセット」がもらえるキャンペーンに応募可能。

見事、同検定に合格した暁には、美内すずえ先生のサイン入り認定証を授与してもらえます。

【「ガラスの仮面検定」がめちゃめちゃ難しい!】

月影千草、北島マヤ、姫川亜弓、速水真澄の白目アイマスクセット、欲しい! そこで、実際に同検定にチャレンジしてみることにしました。

ちなみに記者(夢野うさぎ)は、幼稚園のころから『ガラスの仮面』を読み始め、今ではファン歴30年。数年おきの新刊発売のたび、1巻から再読の荒行に耐える立派なガラかめファンです。

1問につき、制限時間は10秒。余裕でしょ♪ と思っていたのですが……めちゃめちゃ難しい!!! こ、これは……めちゃめちゃ難しい!!!

結果は、ファン歴30年の記者ですら「チーフアシスタント」レベルでした。「チーフアシスタント」ってどれぐらいのレベルなんだろ……悔しいので、1巻から再読するしかない(白目)。

参照元:参天製薬「全国統一 ガラスの仮面検定」
執筆=夢野うさぎ (c)Pouch

画像をもっと見る