Doctors Me(ドクターズミー)- 体の「柔軟性」と健康の関係とは?

写真拡大

美容や健康を保つため、ストレッチをされているかた、またはストレッチをしないとな、と思っている方もいらっしゃるかもしれませんね。身体がやわらかいということは具体的にどのようなことなのでしょうか?

今回はテーマは「身体の柔軟性」です。医師に話を聞きました。

身体の柔軟は何で決まるのでしょうか?

身体を曲げたり、伸ばしたりする柔軟性は「関節の可動域」によって決まります。
筋肉と腱などの伸びる能力が高いと、柔軟性は高まります。また、骨格などでも関節の可動域は変わり、身体の柔らかさが左右されます。

身体が硬いということは、関節を少しの範囲でしか動かせないということです。

体がやわらかくなることで、健康へのメリットがありますか?

身体の柔軟性を高めることで、より健康を保てるようになります。

1.血行と代謝
身体がやわらかいと、血行がよくなり代謝もよくなります。血行がよいと疲労時などにたまる代謝産物も流されるため、疲れがたまりにくくなり倦怠感などを感じにくくなります。

2.関節への負担の軽減
身体が硬いと、関節に大きな負担がかかりやすくなったり、姿勢が悪くなったりします。その負荷がかかることで、腰痛や肩こりなどが起きやすくなります。身体が柔らかいと、これらを防ぐ効果があるといえます。

3.けがの防止
柔軟性が高いと筋肉や腱などへの負担が少なくなるため、運動を行うときけがをしにくくなります。

4.心身のリラックス
ストレッチなどを行うことで柔軟性を高まると、心身がリラックスします。身体の柔軟性が高いと老化防止や美容にもいい効果があるといえます。

なぜ運動しないと、体が硬くなるのでしょうか?

身体を動かさないと運動量が少なくなり、筋肉がしっかり使われなくなったり関節も動かすことが少なくなります。すると関節の可動域が狭まって身体の曲げ伸ばしにくくなるため、どんどん身体が硬くなってしまうのです。

体の柔軟性を高めるために、どうしたらいいでしょうか?

柔軟性を高めるためには、日頃からストレッチなどで筋肉や腱を伸ばしていくことが大切です。お風呂上がりなど、身体が温まった状態で行うのが効果的です。

【股関節や太もも、腰のストレッチ】
1.床に膝を開いて両方の足の裏をくっつけます。
2.呼吸を吐きながら、体をゆっくりと床の方へ倒します。
3.またゆっくりと息をすいながら体を起こします。

ストレッチの際は、息を吐きながら、勢いをつけずにゆっくりと繰り返すのが大切です。

最後に医師からアドバイス

身体の柔らかさは、美と健康につながります。
少しの時間だけでも毎日ストレッチを続けていくことで、身体の柔軟性は高まります。年を重ねても、体の柔軟性を保つことは無理なく美と健康を守るための、大事なポイントだと思います。

(監修:Doctors Me 医師)