テクノロジー(とスタッフの努力)でルーブル美術館を洪水から救え

写真拡大

豪雨によるセーヌ川の水位上昇により、ルーブル美術館は休館。スタッフたちは、数十万点に上る貴重な作品や資料を守るために尽力している。作品を脅かす自然災害に、それぞれの美術館はいかに備えているのか? ルーブルの避難計画を説明する動画と、他の美術館で導入されているテクノロジーを紹介。

数日にわたる豪雨により、セーヌ川の水位は通常から6m以上上昇した。セーヌ川の右岸にあるルーブル美術館と、左岸にあるオルセー美術館の学芸員やスタッフは、大急ぎで数十万点に上る貴重な芸術作品や文化資料を高い場所に移動させている(ルーブル美術館は6月3〜7日まで休館となった)。

「テクノロジー(とスタッフの努力)でルーブル美術館を洪水から救え」の写真・リンク付きの記事はこちら

ルーブル美術館では、入り口と、建築家I・M・ペイによる有名な「ガラスのピラミッド」の下にある講堂のほか、約8,000平方メートルの保管施設と、約4,650平方メートル以上のギャラリースペースが水浸しになる危険にさらされている。イスラム美術のエリアは完全に地下にあり、さらに3,000点の作品が浸水の危機に直面している。

ルーブル美術館では以前から、洪水の危険に備えて避難計画を練ってきた。同美術館の安全対策担当ジーン・ラウル・アンフルによる2012年のメモでは、ルーブル美術館が抱える問題の重大さと困難さが詳述され、1910年に起きた大洪水のときの水位をベースに、それに対応するための避難計画が提示されている。

上の動画は、国連国際防災戦略事務局(UNISDR)が2015年10月に公開したものだ。この動画のなかで、ルーブル美術館の避難専門チーム(消防隊員と救急隊員52人で構成されている)を管轄するセバスチャン・ステムプフェルは、川の水位を監視する際に、チームが使用する警戒レヴェルについて説明している。「オレンジの警戒レヴェルが発せられたら、防水ドアを閉めます。赤の警戒レヴェルでは、ボランティアたちが導入されます」

作品を急いで梱包・移動する間に、特別な訓練を受けた数百人のボランティアスタッフが、非常口と換気グリッドを塞ぐコファダム(水の混入を防止するための空間)をつくるのである。

ルーブル美術館の避難計画によると、赤の警戒レヴェルが発せられた時点において、最大15万点の貴重な作品をより高い階へ移動させるための猶予は72時間だという。

また、前ルーブル美術館代理人のエルヴェ・バルバレは、同美術館は今後、およそ1,400万ユーロ(約17億円)をかけて4本の大型ポンプを設置する計画だと説明している(すでに、日常的に地下水位の調整を行うポンプは存在している)。

より最近に建設された美術館には、設計構造に洪水防止機構が直接組み込まれている。2012年の「ハリケーン・サンディ」の発生後、ニューヨークのホイットニー美術館では、防水性のドアとガラス製の壁を導入した

海に面し、ハリケーンの襲来も多いフロリダ州マイアミにある美術館「ペレス・アート・ミュージアム・マイアミ」は、海面から約14mの高さの上階に、温度管理された保管施設を設置している。

ルーブル美術館は、所有する文化遺産のためのより安全な保管倉庫として、フランス北部のリエヴァンに約2万平方メートルの施設を建設中だ。だが現在のところは、同美術館のスタッフが大量の作品を梱包し、移動させ、再び梱包を解くことになっている──雨が止むことを祈りつつ。