目元パッチリで肩こり解消へ(写真はイメージ)

写真拡大

【ガッテン!】(NHK)2016年5月25日放送
「医学がお薦め!メークで体が若返る劇的ワザ」

多くの日本人が悩まされている、「頭痛」「肩こり」「腰痛」。長年付き合っているという人も多いだろうが、あるメーク術で改善される可能性がある。

女性だけでなく男性も取り入れやすい、目元のメークだ。

「ふたえ手術」したら重だるさなくなってきた

今、頭痛・肩こり・腰痛を治すため、目をふたえにする手術を受ける人が男女ともに増えてきている。

ひと月前に手術を受けた高畑みどりさん(61)は、「ずっと背中に子供をおぶっているような重たさ」を感じていた。高額のマッサージチェアを購入し、最も強い刺激を与えてもなかなか改善されなかったほどだ。

それが、手術で目をぱっちりさせたところ、思わぬ効果が得られた。

高畑さん「信じてもらえないかもしれないですけど、マッサージ機に乗る回数がすごく減っているんです。重だるさもなくなっているし、すごく楽。手術を受けてよかったと思っています」

なぜ目がぱっちりしていないと、痛みやこりを引き起こしてしまうのか。

人のまぶたは老化など様々な理由でたるみ、視界が狭くなってくる。視界を広くしようとすると、眉毛を上げてしまい、額の「前頭筋」に力が入る。すると同時に頭の上から後頭部の筋肉まで力が入ってしまい、頭痛が起きることがある。

後頭部の筋肉に力が入ると肩・首のこりの原因となる。さらにまぶたが下がってくるとあごを上げて物を見る習慣も付き、首や肩が常に緊張してしまう。体の筋肉は全てつながっているため、腰までこってしまうこともある、というわけだ。

手術を受ける場合、瞳孔にまぶたがかかるほどたるんでいる人は「眼けん下垂」という病気で保険が適用される。その場合、日帰り、両目の手術で1万5000円〜5万円ほどで受けられる。

まぶたのたるみは眼けんけいれんなどの病気の場合もあり、悩んでいる人は形成外科や眼科を受診するとよい。

コンタクトレンズの長期利用者は要注意

まぶたのたるみ具合のチェック法は、目を閉じて指を眉毛に当て、額の筋肉を使えないようにする。その状態からゆっくり目を開け、瞳孔にまぶたがかかっているとまぶたがたるみ始めているサインとなる。

手術には抵抗があるという人や、まぶたのたるみが軽い人には、のりやテープを使った「ふたえメーク」がおすすめだ。ドラッグストアなどのアイメーク商品を扱っているコーナーで、数百円から購入できる。

今回、まぶたのたるみが原因で頭痛や首のこり、肩こりに悩まされている視聴者5人がふたえメークを体験し、4人の症状が改善された。

1人が改善されなかったのはまぶたが厚く、上手に目をぱっちりさせられなかったのが原因だった。

まぶたが厚い人は、のりを使用する場合はまぶたにのりを幅広に付ける。テープの場合は位置をずらして2枚使うなど、工夫次第で理想の「ぱっちり目」を作ることができる。

老化以外でまぶたがたるむ原因は、花粉症やアレルギー、メーク落としで、まぶたを強くこすってしまうこと。

まぶたを開け閉めする時は、まぶた上部の「上眼けん挙筋」、目のきわにある軟骨のような「けん板」、その2つをつなぐ「腱(けん)膜」の3つの力が働いている。

腱膜は厚さが0.1ミリしかなく、物理的刺激で簡単に切れたり外れたりしてしまう。するとけん板が下がってしまい、まぶたのたるみにつながる。切れた腱膜は自力では回復できず、手術で治すしかない。

ちなみにまぶたに強い刺激が加わるプロボクサーは、みんなまぶたがたるんでしまうという。

ハードコンタクトレンズを長期間着用しているのも、内側から腱膜をこすってしまい危険だ。ソフトコンタクトレンズを着用する際も、上まぶたをひっぱらず、下まぶたを下げて着けるのがよい。