「SEIBU KPP TRAIN」の前で出発進行のポーズをとる、きゃりーぱみゅぱみゅさん

写真拡大

ファッションモデルで歌手の「きゃりーぱみゅぱみゅ」さんは2016年6月4日、西武池袋線池袋駅(東京都豊島区)で開催された「SEIBU KPP TRAIN」出発式セレモニーに出席した。

SEIBU KPP TRAINは、きゃりーさんと西武鉄道がコラボレーションして実現した特別電車だ。ピンクの外観をベースに、「PONPONPON」「つけまつける」「ファッションモンスター」「もんだいガール」といった曲のミュージックビデオの世界観でラッピングされている。

きゃりーさんはピンクとブルーのオリジナル車掌衣装を着てセレモニーに登場した。本物の車掌さながらに「出発進行」の指差し確認をしてから、SEIBU KPP TRAINの一番列車に乗車した。

きゃりーさんの出身地が一番電車の終点

一番電車は保谷駅(東京都西東京市)に向けて出発した。328人のファンも同乗し、車掌役のきゃりーさんは早速、沿線ガイドなど車内アナウンスにチャレンジする。乗車券確認のために各車両を訪問して、ファンたちと楽しい時間を過ごした。

保谷駅のある西東京市は、きゃりーさんの出身地でもある。地元沿線とコラボレーションしたことに喜びのコメントを発表している。

「地元が西武沿線ということもあって、昔から利用していた西武鉄道で『SEIBU KPP TRAIN』という素敵なコラボレーションをすることができて、とても嬉しいです! 外装も内装も、これまでの私の曲にまつわるモチーフが散りばめられていて、デビュー5周年を記念した見どころもたくさんあります。皆さん、ぜひこの『SEIBU KPP TRAIN』に乗って、楽しい時間を過ごしてくださいね!」

通勤用車両9000系1編成を改装したSEIBU KPP TRAINは、9月29日まで西武池袋線を中心に運行される。オリジナルのイエローも派手な色だが、今回のピンクはさらに派手な印象を受ける。ツイッター利用者の反応はおおむね好意的だ。朝の通勤時にこの車両を目撃したら、眠気も吹っ飛びそう。

西武のKPPのラッピング電車、かなり派手であるが、なかなか良いデザイン。 pic.twitter.com/nGt6yCjt2A

- 鉄道愛し隊1号 () 2016年6月4日

所沢で、西武の「SEIBU KPP TRAIN」を見ました!#seibukpptrain pic.twitter.com/cQjWz2HkeO

- ジャイアンツファン、 () 2016年6月6日

きゃりーぱみゃぱみゅコラボ西武線。色々やるね。 pic.twitter.com/Qc7S1IhgfB

- 粕谷 謙介 () 2016年6月6日