賞金ランクベスト3が最終組で激突したほけんの窓口以来の集結!

写真拡大

<サントリーレディス 事前情報◇6日◇六甲国際ゴルフ倶楽部(6,511ヤード ・パー72)>
 兵庫県にある六甲国際ゴルフ倶楽部を舞台に9日(木)より4日間の日程で開催される「サントリーレディス」。日本ゴルフ発祥の地である神戸に、申ジエ、イ・ボミ、キム・ハヌル(ともに韓国)の賞金ランキングベスト3が久々に集結する。
【関連写真】最終組にそろったほけんの窓口での激戦をフォトギャラリーで振り返る!
 現在のトップであるジエは、先週の1週間空けて出場した「ヨネックスレディス」で4位フィニッシュと好調。今大会はいわゆる“休養明け2戦目”で試合感に問題はなく、得意としている4日間大会だ。最終日に無類の強さを発揮する“ファイナルラウンドクイーン”が、3か国目の賞金女王に向けて驀進する。
 同じく4位タイに入り開幕戦から連続9試合トップ10入りの新記録樹立したボミにとって兵庫は「家があるので、気持ちは韓国でやるみたい」とホームも同然。大勢のファンも駆けつける日本での“地元”で、さらなる記録更新といきたいところ。
 ハヌルは「中京テレビ・ブリヂストンレディス」以来3試合ぶりの日本ツアー出場となる。その2週間は韓国ツアーに1試合に出場したあと、オープンウィークとして母国で英気を養い体調は万全。気持ちも新たに今季2勝目を狙う。
 対する日本勢は賞金ランク4位の渡邊彩香、昨年覇者・成田美寿々、菊池絵理香らがオープンウィークを挟んで登場。また「ヨネックスレディス」でP・チュティチャイ(タイ)にプレーオフで敗れた上田桃子、3位に入った藤田光里もエントリーしている。
 また、今大会には日本ツアー復帰を明言した有村智恵も出場。現在日本ツアーのシードは持っておらず、限られた試合数の中での戦いとなるだけに今大会で少しでも足がかりをつかみたい。
 その他、勝みなみ、新垣比菜らの日本勢だけでなく海外からも6人と多数のアマチュアが参戦。宮里藍やヤニ・ツェン(台湾)、ハナ・ジャン(韓国)らここから世界へと羽ばたいていった選手も多いだけにベストアマ争いにも注目したい。
 昨年国内男子ツアーのメジャー「日本オープン」が行われた名門での4日間決戦。帝王ジャック・ニクラス監修の戦略性の高いコースを制するのは。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【WITB】申ジエが同週に導入した和白と相性抜群のドライバーとは?
ここでしか見られない!有村智恵スペシャルフォト