トニー・ファデルがNestを退任するまでと、アルファベットのこれから

写真拡大

2014年にグーグルが買収したスマートホーム企業、Nest Labsのトニー・ファデルがCEO退任を明らかにした。Nestが買収された当時のファデルへのインタヴューや、アルファベットのハードウェア部門を新たに率いる人物も紹介。

「トニー・ファデルがNestを退任するまでと、アルファベットのこれから」の写真・リンク付きの記事はこちら

スマートホームのハードウェア企業Nest Labsをグーグルが32億ドルで買収(日本語版記事)してから2年。Nestのトップだったトニー・ファデルがCEOを退任する。

ファデルはブログでこれを認めたが、彼はグーグルの親会社であるアルファベットと同社のラリー・ペイジCEOへのアドヴァイス業務は継続するという。ファデルの後任は、モトローラ・モビリティの幹部だったマーワン・ファワツが務める。

関連記事なぜ「インテリジェントなサーモスタット」をつくったのか?:トニー・ファデル、インタヴュー

グーグルは2014年、スマートホームに参入しウェブサーヴィスを家庭に届けることを目指してNestを買収した。ファデルはかつてアップルに在籍し、iPodの開発で中心的役割を果たしiPhoneの設計に関与したあと、2010年にNestを設立。自動温度調節器や煙探知器といった「愛されてはいない」が重要な家庭用機器を一から考え直すためだった。

グーグルをアルファベットの子会社とする再編があった2015年、Nestは独立事業となり、その舵取りはファデルに任せられていた。

Alphabet-Org-Chart-v2-640x395

2016年2月におけるアルファベットの組織図(日本語版記事)。自律走行車の開発などを行っている「Google X」は「X」と改称された。GVはGoogle Venturesが改称したもの。

ファデルは声明で、「Nestで6年働いてきた。4年半にわたって2桁の成長を果たし、一貫して顧客から高い評価を得られたいま、わたしはNestを経験を積んだ強力な経営陣の手に委ねる」と述べている。

ペイジはファデルについて、次のように称賛している。「トニーのリーダーシップの下、Nest部門はコネクテッドホームを一気にメインストリームに押し上げた。彼は真のヴィジョナリーだ。今後、アルファベットのアドヴァイザーになるトニーと、引き続き一緒に働けることを楽しみにしている」

Nestは最近、苦しんでいたという報道もある。『The Information』の記事によると、ファデルの経営スタイルに従業員が不満を漏らし、「会社はもがき苦しんでいる」「Nestは営業と製品の目標を見失っている」といった声が聞かれたという。

だがNestはそれに対し、ファデルの下で会社がつまずいたという報道を否定し、2011年の製品出荷の開始以降、売り上げは増加し続けていると説明している。

なお、グーグルは最近、モトローラで社長を務めたリック・オスターローを起用。オスターローは、グーグルの新しいシニア・ヴァイスプレジデントとして、「Nexus」や「Chromecast」、「Chromebook」といったハードウェアの取り組みを統括するほか、グーグルの研究開発部門である「ATAP」(Advanced Technology and Projects)を指揮する。

ATAPは現在、モジュールフォン「Project Ara」といった印象的な製品を開発している。

関連記事グーグルからスマホの未来を託された、ガディ・アミットのモジュラー革命