写真提供:マイナビニュース

写真拡大

千葉県浦安市の東京ディズニーシーで7月9日〜8月31日、ダッフィーのお友達"ジェラトーニ"が描いた絵を楽しめる「ジェラトーニのアルテ・イン・ピアッツァ」を実施することが6日、わかった。

ミッキーとダッフィーが旅の途中で出会ったお友だち"ジェラトーニ"は、エメラルド色の瞳と長いしっぽが特徴の、絵を描くことが大好きなネコの男の子。2014年に東京ディズニーシーに登場し、今年1月に行われたショー「カムジョイン・ユア・フレンズ」で初めてエンターテイメントに出演した。

そんなジェラトーニが描いた絵が今夏、メディテレーニアンハーバーのパラッツォ・カナルに登場。キャンバスや大きな壁にかかれた絵、不思議なだまし絵など、パラッツォ・カナル全体でさまざまなデコレーションが楽しめる。

また、7月1日より、ジェラトーニが絵を描いている様子や、パラッツォ・カナルを楽しんでいる様子をデザインした新グッズ約10種を販売。チャームセットやトートバッグ、フェイスタオル、シャープペン&2色ボールペンなどが登場する。

グッズ販売と同時に、ジェラトーニがデザインされた新しいスーベニア付きデザートも2つの味で登場。1つは紅茶のムースにミックスベリーソースをアクセントとして加えたもの、もう1つは、キャラメルジェラートとチョコレ ートムースの組み合わせで、いつもジェラトーニが持っているパレットがデザインされたクッキーも飾られる。

(C)Disney