昨年の東京モーターサイクルショーにてヤマハが発表したヒト型自律ライディングロボット「MOTOBOT」。発表当初から現在に至るまでも多くのライダ達の注目を集めています。

1

MOTOBOTとはその名の通り、バイクに乗るロボット。ヤマハが将来、今よりもっと高性能な技術開発するために作られたロボットです。

バイク本体には改造を加えず、MOTOBOT自体がアクセル、ブレーキ、ステアリングなどを全て操作し姿勢までコントロールしているそう。

前回公開された映像では、サーキットのラップタイムでMotoGPライダー「バレンティーノ・ロッシ選手」への挑戦を宣言しました!

今回公開された映像ではついにロッシと初対面を果たします!MOTOBOTの走りを見てさすがのロッシも驚きの表情…!

初対面のMOTOBOTと挨拶を交わします(交わすというか送ってます)。
親愛のロッシと会えてMOTOBOTも何だか嬉しそう……といっても、伏せっぱなしってのがなんだか面白い。

動画ではMOTOBOTの走行映像がいろんなアングルから見ることができます。まさに「最新鋭」って感じが凄いですね!

バイクをMOTOBOT用に改造しているのではなく、MOTOBOTが自分で考えて走っているというのが凄い技術力です。

「お前の挑戦受けてやるよ」と言った感じでしょうか、ロッシがMOTOBOTのヘルメットにサインを残します!

最後にロッシ自らがYZF-R1で走行し、走行データを取っています。

挑戦相手のデータがとれたというのはMOTOBOT的にはかなり大きな進歩に繋がるんじゃないでしょうか?今後の成長ぶりに期待です!

(ライター:佐藤 快/Moto Be バイクの遊び方を提案するWEBマガジン

【関連記事】


【モタサイ2016】美女キャンギャルまとめ!


夜ツーにピッタリ!都会に佇むアメリカンダイナー「CLUB XIPHIAS」


【強者現る】バイクに乗りながら演奏もしちゃう移動系バンド


フランスのヘルメットメーカー「SHARK」のCMが凄い!


【モンスター】隼のエンジンを積んだ化け物マシン達がヤバすぎる!

ライディングロボット「YAMAHA MOTOBOT」がロッシと対面!(http://clicccar.com/2016/06/06/375439/)