『アーロと少年』より。Tレックスの家族とアーロと人間の少年スポット (C) 2016 Disney/Pixar

写真拡大

ピクサー・アニメーション・スタジオ創立30周年を記念して、ディズニー・ピクサーが贈る、弱虫な恐竜アーロと少年スポットが繰り広げる感動のアドベンチャー・ファンタジー『アーロと少年』。このアニメーション映画がMovieNEXとして7月6日に発売(先行デジタル配信は6月29日開始)となることを記念し、肉食恐竜のTレックス姉弟が、怖がりのアーロに、自分たちの武勇伝を語るコミカルな本編クリップ映像が独占解禁となった。

[動画]解禁となった映画『アーロと少年』Tレックスたちが登場!クリップ映像

本作は、もしも地球に隕石が衝突することなく、そのまま恐竜が絶滅しなかったらという設定のもと、絶滅をまぬがれ文明と言葉をもつに至った恐竜たちが、言葉をもたない人間と共存する世界を描いた作品。主人公は、甘えん坊で父親がいないと何もできない臆病な恐竜のアーロで、映画ではそんなアーロが、激しい嵐の中で父親を亡くし、自身も川に流された時に救ってくれた人間の少年スポットと出会い、力を合わせて困難を乗り越えていくうち、言葉を超えた心で通じ合う人生初の友だちになっていく様子が描かれていく。

解禁となった本編クリップ映像は、Tレックスの姉弟であるラムジーとナッシュが、自分の体の傷跡にまつわる“危険な目”を自慢し合うシーン。傷跡は勲章だというラムジーとナッシュの話を聞いて、アーロはケガをすることは悪いことだけじゃないとポジティブに考えるようになる。自分とは考えの違う恐竜と出会い、様々な経験をすることで逞しくなっていくアーロの成長を感じ取れる重要なシーンだ。ちなみに、Tレックスの姉ラムジー役を片桐はいり、弟のナッシュ役を八嶋智人が声の吹き替えを担当している。

1995年に登場した世界初の長編フルCGアニメーション『トイ・ストーリー』以来、世界的なヒットを生み続けてきたディズニー・ピクサー。本作が全米公開されるや話題となったのは、物語の重要なパートを担う壮大で美しい映像。大自然の風景は限りなくリアルでありながら、実写をはるかに超え、「CGアニメーション史上もっとも美しい風景」(LA.タイムズ紙)、「ピクサーがさらなる視覚的進化を遂げた」(Mashable)と絶賛されている。

また、日本版エンドソング、Kiroroの「Best Friend 〜Mother Earth Version〜」も物語のテーマにぴったりと合い、作品を彩っている。

壮大で美しい大自然の中で育まれる、友情と勇気を描いた感動アドベンチャー・ファンタジー『アーロと少年』MovieNEX(4000円+税)は7月6日発売。6月29日より先行デジタル配信開始となる。

【関連記事】
[動画]『アーロと少年』予告編
ディズニー・ピクサー次回作『アーロと少年』は人間と恐竜が共存する世界が舞台!
『アーロと少年』が公開17日目にして興収10億円を突破!
Kiroroの名曲「Best Friend」にのせた『アーロと少年』予告解禁!