3日、AP通信によると、2013年に米オハイオ州で女性3人の遺体が相次いで見つかった事件で、裁判所は2日、マイケル・マディソン被告に死刑の判決を言い渡したが、その直後に被害者の父親が被告に飛びかかる場面があった。資料写真。

写真拡大

2016年6月3日、AP通信によると、2013年に米オハイオ州で女性3人の遺体が相次いで見つかった事件で、裁判所は2日、マイケル・マディソン被告に死刑の判決を言い渡したが、その直後に被害者の父親が被告に飛びかかる場面があった。

オハイオ州の裁判所は2日、2013年に女性3人が殺害されて遺体で発見された事件で、マイケル・マディソン被告に死刑の判決を言い渡した。マディソン被告は2012年10月から2013年7月の間に女性3人を殺害し、遺体をプラスチックのゴミ袋に入れて遺棄したとして2013年に逮捕された。マディソン被告は死刑判決が言い渡された直後、被害者の1人の父親に対して悪意のある笑みを向けたため、被害者の父親がマディソン被告に飛びかかった。被害者の父親は保安官らに取り押さえられ、弁護人らが法廷の外に連れ出した。(翻訳・編集/蘆田)