モテ車を解説する「週刊ポスト」連載の「死ぬまで カーマニア宣言!」。これまでにクルマを40台買ってきたフリーライター・清水草一氏(54)が、生産終了後のいまも根強いファンがいるマツダ・ロータリーエンジン車の未来について解説する。

 * * *
 ご同輩諸君。我らオッサン世代は、マツダのロータリーエンジン車に大いなる思い入れを持っている。

 私にとってロータリー車との初めての出会いは、『帰ってきたウルトラマン』に登場した“マットビハイクル”ことコスモスポーツの勇姿だった。

 この“ビハイクル”という呼称は、英語のビークル(vehicle)をローマ字読みしてしまったためらしい。実にマヌケな話だが、チビッ子にはそんなことはどうでもよし。世界初のロータリーエンジン搭載車であるコスモスポーツの低く流麗なフォルムは、少年の心に強烈な印象を残したものだ。

 続いて1978年に登場したサバンナRX-7では、ロータリーエンジンよりなにより、リトラクタブルヘッドライトに心を奪われた。当時はちょうどスーパーカーブーム。リトラクタブルヘッドライトは別名「スーパーカーライト」とも呼ばれており、それを国産車が装備しただけで、鼻血が出るほど興奮した記憶がある。

 2代目RX-7の発表は1985年。当初「まるでポルシェ・944みたいでカッコいい!」と言われたのを思い出す。あの頃、ポルシェに似ていることは100%善だった。2代目RX-7は性能面でもそのポルシェ・944に迫っており、我々クルマ好き青年に大きな希望を与えてくれた。

 そして、1991年登場の3代目RX-7。ロータリーターボエンジンは255馬力にまで出力を上げ、軽量ボディを狂気のごとく加速させた。女性モータージャーナリストの藤島知子さんはこう述懐する。

「私は3代目RX-7でクルマの修業を積んだので、すごく思い入れがあるんです。エンジンが小さいぶん、ボンネットがとても低くてカッコいい。そしてリトラクタブルヘッドライト! RX-7に乗っていると、いろんな人に話しかけられましたね〜」

 そりゃあRX-7を駆る美女がいれば、カーマニアとして話しかけずにはいられまいて。

「RX-7は儚いクルマでした。耐久性はないし、リッター4kmしか走らないし(笑)。ロータリーエンジンは普通のエンジンと違って『キュイーン』って回るんです。思い出すと胸がキュンとします」(藤島氏)

 そう、RX-7には、滅びの美学があったのである!

 2002年、RX-7は排ガス規制の強化により消滅し、翌年、観音開きの前後ドアを持つ4人乗りスポーツのRX-8となってリボーンした。ロータリーエンジンはターボを廃して自然吸気となり、その他さまざまな改良を施して排ガス基準をクリア。燃費も3割向上させた。と言ってもリッター6kmが精一杯だったが……。

 先日、約10年ぶりにRX-8に乗る機会があったが、ロータリーエンジンはまさに『キュイーン』と回って、オッサンの胸をキュンとさせた。ロータリーエンジンとはこんなにも気持ちのいいものだったのかと、改めて瞠目する思いだった。

 そのRX-8が生産中止となり、ロータリーエンジンの生産も終了して約4年。マツダは好調な業績の波に乗って、昨年の東京モーターショーに『RX-VISION』なるコンセプトカーを出展した。その異様に低くて長いノーズには、ロータリーエンジン以外は搭載できない。つまりマツダは、まだロータリーを捨てていないことを内外に示したのである。

 果たしてロータリーエンジンは、排ガスや燃費の問題をクリアして復活できるのか? カーマニアとして実に楽しみではないか!

 仮に復活した場合は、死ぬまでに必ずロータリーエンジン車をゲットして美女を温泉へ連れ出し、そのハートをキュイ―ンと泣かせたいものである。

※週刊ポスト2016年6月17日号