着物を着れば女子力&テンションもアップ?

写真拡大

「G7伊勢志摩サミット」が開催され、世界中の注目が集まった伊勢-鳥羽エリア。歴史と自然あふれる人気の観光地だ。ここでは伊勢神宮参拝をさらに充実させるスポットを紹介。

【写真を見る】雅な着物をまとい、お伊勢参りへ!

まず伊勢神宮外宮に向かう前に立ち寄りたいのが、JR伊勢市駅から10分ほどの所にある、「レンタル着物伊勢 帯結(おびゆう)」。

この店の最大の特徴は、手ぶらで行っても着物をレンタルし着替えられること。着物、帯、草履が自由に選べる「和(なごみ)プラン」、粋な着流し姿に変身できる男性用の「男前プラン」など、豊富なプランを用意。かわいいものや豪華なものなど、自分好みの着物を着て伊勢神宮を参拝し、伊勢の街を歩いてみては。

外宮から内宮へと参拝するのがお伊勢参りの基本だが、内宮の手前には「おかげ横丁」という、古き良き街並みを再現した観光スポットがある。おかげ横丁には約50件もの店が軒を連ね、グルメ、買い物、遊びなどあらゆる体験が可能だ。

なかでも1909(明治42)年創業の「豚捨(ぶたすて)」がおすすめ。和牛専門の老舗で、店頭では精肉、コロッケなどを販売し、奥の座敷では牛丼や牛鍋などが味わえる。最上級の伊勢肉を堪能したい。【東海ウォーカー】