雨の中、セーフティーカー先導でスタートした2016年F1第6戦モナコGP。雨が次第に弱くなりどのタイミングでドライタイヤに履き替えるかなど、おもしろいレースでしたよね。

1位のルイス・ハミルトン選手(メルセデス)と2位のダニエル・リカルド選手(レッドブル)、真逆の表情の2人が表紙のF1速報モナコGP号。早速見所をご紹介します!

1

■インタビュー マウリツィオ・アリバベーネ

元フィリップ・モリスの副社長、マールボロのブランドマネージャーとしてフェラーリと深い関わりを持ち、2014年11月にフェラーリチーム代表に就任したマウリツィオ・アリバベーネ氏のロングインタビューです。

インタビューの中で私が気になったのが、来年のドライバー話。セバスチャン・ベッテル選手のチームメイトに理想的だと思われるのはどんなドライバーかという質問に対し、アリバビーネ氏は

「それは来年になったら話そう(笑)。これまでのところ、セバスチャンとキミはとてもよく協力し合い、かつ互いにプッシュし合っていると思う。彼らの仕事ぶりには十分に満足しているよ。ただ、私に言わせれば、来年のことについて何かを見極めたり判断したりするのは、いくらなんでもまだ早すぎる。ドライバーを正しく評価するには、クリーンな週末でのパフォーマンスを見る必要がある。しかし、私たちは開幕以来、まだ一度もそうした週末を過ごすことができていないし、ドライバーのレースに影響を及ぼす外的な要因もあった。少なくとも2、3回はクリーンな週末を過ごさなければ、検討を始めるのに十分な情報が集まったとは言えないだろう。」

と語っています。来年もまたライコネン選手とベッテル選手のコンビが見たい!と思うのは、私だけじゃないはず! 今後のレースも目が離せませんね。

■SCOOP UP!!

前戦のスペインGPに引き続き、勝てるレースをまた落としてしまったレッドブルのリカルド選手。2回目のピットストップで、タイヤ交換するはずのタイヤが用意されていなかったことには驚きました。この場面をレッドブル代表のクリスチャン・ホーナー氏は次のように説明しています。

「我々はルイスがウルトラソフトを装着したのを見て、ひとつ硬めのタイヤ、つまりスーパーソフトで行くことにした。ところが、ピットガレージではソフトを準備しようとしていたんだ。レース前にはウエットとドライの5種類のタイヤを準備しておかなければならず、ガレージはタイヤであふれかえっていた。運が悪いことにスーパーソフトはガレージの裏にあり、持ち出してくるのに10秒もかかってしまった。」

間違って用意していたソフトを履かせるという手もあったはず。とF1速報は分析していますが、ホーナー氏は

「モナコでは通常のピットウォールではなく、ガレージの2階にエンジニアたちが陣取っているため、状況が分からなかったことがさらに事態を悪化させてしまった・・・。」

と語っています。モナコ特有の問題があったとはいえ、レッドブルらしからぬ初歩的なミスでリカルド選手の初優勝を逃してしまいました。表彰台でのリカルド選手は、見ていて本当に辛かったですよね。次こそは、リカルド選手のいつものビッグスマイルが見れるようなレースにしてほしいものです。

さて、次戦はカナダGP。6月12日(日)日本時間27時にレースがスタートします。次の日が辛そうですが・・・、頑張って起きていようと思います(笑)!

(yuri)

【F1速報×F1女子〜モナコGP号〜】モナコ特有の問題にレッドブルが大混乱!?(http://clicccar.com/2016/06/06/376601/)