「レッドブル・エアレース 千葉 2016」で見事優勝を飾った「チーム・ファルケン」の室屋義秀選手。
現在43歳。パイロット歴は25年。エアレースは2009年の初参戦。8年目に勝ち取った栄光です。

1

私はおととし秋に「ファルケン」のトークショーで室屋選手とご一緒させていただき、去年、日本での初開催に行くつもりでしたが叶わず。
今年、初めて「エアレース」観戦となりました。

しかも幸運なことに、室屋選手の初優勝という瞬間に立ち会えたのです。

前日の予選レースは強風と高波のために中止。
室屋選手が出場する「マスターズクラス」ではなく、そこに出場する次世代パイロットの「チャレンジャーカップ」の練習飛行は行われましたが、その後のプログラムはすべて中止。室屋さんの飛行は翌日までお預けとなりました。
というわけで、レースを観たのは決勝レースのみとなりました。

エアレースは、直径5m、高さ25mもの巨大パイロンを飛行機でスラロームして速さを競いますが、パイロンは15m〜25mの間の赤い部分内を通過せねばならないとか、侵入スピードは374勸焚次▲押璽箸録緤燭膨眠瓠▲僖ぅ蹈鵑棒椰┐靴燭蟲‖里ら発煙しないなどすると減点されてしまいます。極めつけは重力が10Gを超えると失格、といったルールが決められています。

スピードやG、機内での様子などは場内のモニター画面に表示されるのでパイロットの表情や飛行状態が一目瞭然。

レースはトーナメント方式。14名が2名づつ飛行し、タイムの速い7名+敗者の中で最速タイムの人1名、合計8名が次のステージ「ラウンド・オブ・8」へと駒を進めます。
そこでまた2名づつ戦い「ファイナル4」へ。そこで4名のパイロットでタイムを競い優勝者が決まります。

室屋選手は最初の飛行時「ラウンド・オブ14」でスモークが出ないトラブルに見舞われ、減点で+1秒。
しかしその後のレースは完璧。今シーズンの現在のところポイントランキング1位のマルティス・ドルダラー選手との戦いを1分04秒610で制してからは勢いに乗り、見事勝利。
表彰台の真ん中に上り、表彰式で「君が代」が流れたのには感動しました。

そして今回のレースで、室屋選手はランキング⒒位からいきなり4位へとジャンプアップ。

実はレース前に室屋選手と少しお話しすることができましたが、「すべすべってどういう意味?」と逆質問。「え?そこ??笑」
室屋選手は「由美のすべすべ」をご存知だったのです。
私は「新車雑誌でなんとかの「すべて」という「すべてシリーズ」という雑誌があって、それに私は26年ぐらい出てるので、「すべてのすべて」という意味」と説明。
んんん・・・意味わかったかな?

というわけで時の人、室屋選手も楽しみにしている(?)「由美すべ」は、室屋選手の今後のご活躍を期待しています!

(吉田 由美)

From Motor Fan’s Year

エアレースで日本人初優勝の室屋義秀選手から逆インタビュー!?【吉田由美のすべすべ特別編】(http://clicccar.com/2016/06/06/376769/)