写真提供:マイナビニュース

写真拡大

コニカミノルタは6月6日、フランス・パスツール研究所およびバイオアキシャルと創薬支援システムの開発に関する共同研究を開始したと発表した。

同システムは、マウス体内での薬剤の動きや分布の直接観察、および臓器や細胞に到達した薬剤が細胞の働きに与える影響を観察する「ライブセルイメージング」を行うことで、薬剤の効果や作用機序の観察を実現するというもの。

薬効の正確な評価による臨床試験の成功率向上に加え、現状のPETイメージングにかわる、ヒトの治験や治療診断におけるがん等疾病の状態を可視化診断する光イメージング造影事業への展開も想定されている。

コニカミノルタは、同社開発の蛍光ナノ粒子およびその画像の解析技術を活用し、パスツール研究所のイメージング技術、バイオアキシャルの超解像画像観察装置と技術的連携を行うことで、生体組織を可視化する新しいin vivoイメージング技術を開発・提供する。

また、製薬の創薬研究の効率と確度を向上させるサービス事業にも参入する予定で、当初は共同研究の一環として、製薬会社からの受託を受け、薬効や副作用予測、スクリーニングなどを行っていく。

(周藤瞳美)