【観るしかない】本当の一休さんは超破天荒だった!? 史実を基にしたアニメ『オトナの一休さん』6月6日よりスタート!

写真拡大


「一休さん」と聞いて昭和世代の頭にまず思い浮かぶのは、「好き好き好き好き、すきっすき♪」のオープニング曲でおなじみ、アニメ『一休さん』ですよね。

くりくりの坊主頭にキュートな顔立ち。得意の “とんち” で身の回りで起きた問題や事件を次々解決していくストーリー、みんなも覚えているでしょう?

NHK Eテレにて、2016年6月6日(月)23時50分からスタートする5分アニメ『オトナの一休さん』は、その昔放送されていた『一休さん』とは全く異なる、大人のためのアニメーションなんです。

【初回のタイトルは二度見しちゃうレベル】

「実在の一休さんはとんでもないお坊さんだった! リアル一休さんの破天荒エピソードを、史実を基にアニメ化」

番組の公式サイトにあるこちらの記載を読んだだけでも、ああワクワクが止まらないっ。アニメのテイストもゆるゆるな雰囲気だし、しかも第一則のタイトルは「クソとお経」……わぁお、攻めてるううう!!

【これは観ないと損しそうだゾ】

また公式サイトによると、第二則のタイトルは「すずめの葬式」、第三則は「思春期の一休さん」。

タイトルからしてそそられる第三則では、なぜか、一休さんによるダンスシーンも登場するのだそうで、なにがなにやら。でも内容を知ったからには、観ないわけにはいかない気持ちになってきますよね。

【ツイッターの声】

「クスッと笑えて心が楽になるひととき」をもたらしてくれそうなアニメ『オトナの一休さん』は、ツイッターでも大きく話題になっている模様です。

「確かに大人の一休さんはアニメと大違いなんだよね」
「めちゃタイトル惹かれるやん」
「録画予約しなければー!」
「『オトナの一休さん』なんて魅惑的な響き(笑) 絶対見よ」
「もうそっち方面しか想像できないんですけど」
「ちょっとドキドキしたけど、かなりのおじいさんだった」
「声優が豪華!」

【個性豊かな声優陣にもご注目★】

そうそう、豪華でちょっぴりマニアックな声優陣も、このアニメの魅力のひとつなんですよ! 

一休さんの声を担当するのは、お笑いタレントの板尾創路さん。板尾さんファンの記者(私)といたしましては、これだけでテンションぶち上がっちゃいましたよ本当に。そのほか、新右衛門さんの声を山崎樹範さんが、兄弟子の声を尾美としのりさんが担当するらしく、このキャストだけで否が応にも期待が高まるっ♪

【放送日は公式サイトでチェック!】

なお肝心の放送ですが、第一則は本日6日(月)23時50分からのほか、6月16日(木)22時45分から再放送予定とのこと。また、第二則は6月8日(水)22時45分から、第三則は、6月13日(月)23時50分からの放送予定となっています。

今後の放送日については、こまめに公式サイトで確認してみてくださいね。大人のみなさん、今夜はEテレに集合だよ!

参照元:NHK
執筆=田端あんじ (c)Pouch

この記事をPouch[ポーチ]で読む