『デスノート』最新作でデスノート所持者を演じる船越英一郎 (C) 大場つぐみ・小畑健/集英社 (C) 2016「DEATH NOTE」FILM PARTNERS

写真拡大

今秋公開となる映画『デスノート』シリーズ最新作『デスノート Light up the NEW world』に、新たに船越英一郎が出演することが発表された。

『デスノート』特報解禁! 死神リューク「人間って、やっぱ、おもしろ!」

本作の舞台は、「そのノートに名前を書かれた人間は死ぬ」というデスノートをめぐって、夜神月(藤原竜也)とL(松山ケンイチ)という2人の天才同士の対決を描いた1、2作目から10年を経た世界。

今度は、その史上最悪の殺人兵器であるデスノートが死神界から6冊もたらされたという設定で、その内の1冊を渋谷の街にいる普通の女の子・青井さくら(川栄李奈)が手にし、何の罪もない大群衆を恐怖に陥れていく。そこで、デスノート対策本部の三島(東出昌大)ら刑事が、新たな犠牲者を出さないため、身に迫る危険をも顧みず青井さくらを追いかけていく中、新たな犠牲者が出てしまう。

そうした中、登場するのが、新キャストとして今回発表された船越扮する裁判官の御厨賢一(みくりや・けんいち)だ。世界中にもたらされた6冊のデスノートの内の1冊が、本来は法で悪を裁くはずの人物である最高裁判所の最高裁判事である御厨の手に渡ってしまうのだ。

識見が高く法律の素養がある御厨は、なぜデスノートを手にし、どのような行為に及んでしまうのか? 『デスノート Light up the NEW world』は10月29日より丸の内ピカデリーほかにて全国公開となる。

【関連記事】
『デスノート』最新作の正式タイトルが決定!ティザーポスターも解禁
中村獅童『デスノート 2016』でも死神リューク役を続投!
戸田恵梨香、再びミサミサ役に「嘘でしょ!」と本人もビックリ!
川栄李奈、デスノートで群衆を恐怖に陥れる重要キャラ役で『デスノート 2016』に出演!