5日、韓国メディアによると、韓国・全羅南道の黒山島で、今年3月に同地に赴任した新任の女性小学教師が父兄と住民に次々と襲われる事件が起こった。これに韓国のネットユーザーから大きな反響が寄せられている。写真は韓国。

写真拡大

2016年6月5日、韓国・聯合ニュースなどによると、韓国・全羅南道の黒山島で、今年3月に赴任した新任の女性小学教師が父兄と住民に次々と襲われる事件が起こった。全南木浦警察署は同日、児童の親のパクとキム、島の住民イの3人を性暴力犯罪の処罰などに関する特例法違反容疑で拘束したことを明らかにした。

男らは先月22日未明、村の小学校舎内で、20代の女性教師にわいせつ行為と性的暴行を加えた疑いが持たれている。このうち食堂を営むパクはイと共謀、1人で店を訪れた女性教師に酒を飲ませた上、酔った女性を車に乗せ2キロほど離れた小学校に連れて行き、わいせつ行為をしたとされる。また、イはパクが校舎から出てきたのを確認し、女性に性的暴行をした。

一方キムは、パクから「イが女性教師を乗せて校舎に向かった。大変なことになりそうだ」との電話を受け教師を助けに向かったとして犯行を否定していたが、警察の調べで被害者の体内からキムのDNAが証拠として検出されたことを受け、以降は黙秘しているという。また、イはキムが校舎を去った後、再度性的暴行をしたとされている。

この事件について、韓国のネットユーザーからは数千件に上るコメントが寄せられている。

「こんな男たちの子どもが哀れだ」
「これが初めてじゃないと思う。過去の行為を調べたら似たような事件がたくさん出てきそう」
「女性教師が恥ずかしさのあまり通報もできずに隠すと思ってたのかな?この国は性的暴行に寛大過ぎるよ」

「野党や女性人権団体はなぜこの事件に沈黙している?」
「DNAという確実な犯罪の証拠があるのに、なぜ氏名や顔を公開しないんだ?」
「獣のような存在に教育は必要ない。学校を閉鎖すべきだ」
「今まで何人の先生が被害に遭っただろう?今回は勇気ある先生のおかげで事件が明るみに出たんだ」

「女の先生はこういう所に赴任させないようにしてほしい」
「島の住民を対象に無記名調査をすべき。ほとんどの女性が性的暴行に遭っている可能性もある。子どもも例外ではない」
「表向きは静かな島の村なんだろうけど、住民全員が犯罪者か共犯者のように思えてしまうよ」(翻訳・編集/吉金)