生誕300年、伊藤若冲の展覧会が京都・細見美術館で開催 - ホテルオークラでも5作品の複製展示

写真拡大

伊藤若冲の展覧会「生誕300年記念 伊藤若冲 ―京に生きた画家―」が京都の細見美術館で開催される。期間は2016年6月25日(土)から9月4日(日)まで。

[ この記事の画像をもっと見る ]

伊藤若冲は、2016年で生誕300周年を迎える江戸時代の画家。京都に生まれた若冲は、40歳を機に絵画制作に没頭、その個性的な画風が、大きな注目を集めた。近年になって、彼の作品は国内外で再注目され、毎回混雑必須の展覧会となっている。

本展では、細見美術館の若冲コレクションを始め、ゆかりの場所や作品、弟子らの作品も併せて展示。主な出展作品として、「鼠婚礼図」や「花鳥図押絵貼屏風」などが揃う。彼の魅力的な世界観をより実感できる機会となりそうだ。

また、この展覧会に合わせて京都ホテルオークラでも、1階ロビーにて作品5点の複製画を展開。「雪中雄鶏図」「糸瓜群虫図」「伏見人形図」「群鶏図」「風竹図」の複製画展示のほか、細見美術館展覧会のチケット付き宿泊プランや、若冲ゆかりの地をめぐる日帰りのプランも用意している。

【展覧会概要】
■「生誕300年記念 伊藤若冲 ―京に生きた画家―」
期間:2016年6月25日(土)〜9月4日(日)
会場:細見美術館
住所:京都府京都市左京区岡崎最勝寺町6−3
入館料:一般 1,200円(1,100円)、学生 1,000円(900円) ※カッコ内は20名以上の団体料金。
開館時間:10:00〜18:00(最終入館は17:30まで)
休館日:毎週月曜(祝日の場合、翌火曜)
■京都ホテルオークラ展示
展示期間:2016年6月3日(金)〜6月29日(水)
会場: 京都ホテルオークラ 1階ロビー中央(観覧無料)
住所 :京都市中京区河原町御池
展示予定作品:
「雪中雄鶏図」、「糸瓜群虫図」、「伏見人形図」、「群鶏図」、「風竹図」(すべて複製)
TEL:075-211−5111(代表)