ポルシェやコルベットに採用されている7速MT。アストンマーティンの日本向け現ラインナップは、2ペダルの7速AMTや6ATになっていますが、2017年モデルの「V12 Vantage S」に無償オプションとして7速MTが追加されます。

1

Hパターンの左下に配置される7速MTの1速は、クラシックなドッグレッグ・パターンで、6速仕様の「H」パターンの中に頻繁に使用するギアをすべてレイアウト。

アストンマーティンが「AMSHIFT」と呼ぶ7速MTは、ドライバーによる選択が可能で、クラッチ、シフトポジション、プロペラシャフトの各センサー情報とエンジン・マネージメント・プログラムが相まって、ヒール&トゥによるシフトダウンを完璧に再現するというもの。

さらに、クラッチ操作による加速の中断を最小限に抑制し、どのドライビング・モード時でも使用可能だそう。とくに「スポーツ・モード」時に真価し、中でもシフトダウン時のブリッピングは、非常にエキサイティングな咆吼を響かせるそうです。

自動ブリッピング機能は、ポルシェや日産フェアレディZのようにスポーツカー向けのMTに欠かせない要素になっているのでしょうか。

7速MTもAMTの「スポーツシフト3」もシャーシ、ブレーキ・パッケージ、6.0LのV12エンジンなど、トランスミッション以外のすべてが共通で、両バージョンともに0-100km/hを3.9秒で加速し、最高速度は330km/hに達します。

トランスミッション以外では、新しくなった「スポーツプラス・パック・オプション」が注目されています。

5つ用意されるボディカラーは、フロントグリル、リップスティック、サイドシル、ミラーハウジング、リヤディフューザー・ブレードのアクセントカラーと無償で組み合わせることができます。

さらに「スポーツプラス・パック」のエクステリアには、グラファイト仕上げの10本スポーク軽量アルミホイールが装着されるほか、ブラックまたはグレイのレザーにストライプやコントラスト・ステッチを組み合わせたインテリアを採用。

「V12 S」以外の「Vantage」ラインナップにも変更があり、V8モデルを「V8 Vantage S」のクーペとロードスターに統合。さらに、新しい「Ami 3インフォテインメントシステム」の採用もトピックスで、「Ami 2」から大幅に進化したナビを搭載するほか、Apple「Car Play」にも対応しています。

なお、MTバージョンの「V12 Vantage S」の納車開始は、2016年第3四半期が予定されています。

(塚田勝弘)

アストンマーティン「V12 Vantage S」に7速MTモデルを追加(http://clicccar.com/2016/06/06/375832/)