ジューンブライドの季節がやってきました。今月は挙式や披露宴に参加する予定があるという人も多いのではないでしょうか。新郎新婦が綿密な計画と準備で進める披露宴。そこで気になるのは“ゲストの本音”。株式会社マクロミルが、20〜39歳の結婚披露宴出席経験のある女性を対象に実施したアンケート結果をご紹介します。

20〜30代女性の考える結婚適齢期は平均●歳と判明!

まず、これまでの結婚披露宴に参加したことがある20〜30代の女性に、自身の考える結婚適齢期について聞きました。
平均は「28.5歳」となり、これは厚生労働省が平成26年に発表した人口動態統計月報年計(概数)における女性の平均初婚年齢(29.4歳)よりも1歳ほど若い数字に。

また、その内の既婚者に結婚披露宴の実施経験について聞いたところ、実施したことがあるのは58%でした。婚姻届を提出するのみで済ませる、いわゆる「ナシ婚」や挙式のみを行なう「シンプル婚」など、最近では披露宴をあげないカップルが増えているようですが、同調査でも約4割が披露宴をあげてないことがわかりました。

油断は禁物! ゲストはここを見ている!!

続いて、披露宴で気になってしまうポイントについて聞いたところ、以下のような結果に。

結婚披露宴で気になることランキング5トップ5
1位:料理の内容(289票)
2位:引き出物の内容(258票)
3位:新郎や、その友人がどういうタイプか(126票)
4位:ビデオやスライドショーで自分や友人グループの写真が使われているか(109票)
5位:結婚披露宴にどの程度金額がかかっていそうか(105票)

結婚披露宴で困ったことランキング トップ5
1位:スピーチが長い(228票)
2位:内輪ネタが多く一部の人だけが盛りあがっている(187票)
3位:料理やドリンクがまずい・少ない(169票)
4位:酔っぱらって周りに迷惑をかける人がいる(160票)
5位:当日に歌やスピーチ等の無茶振りをされた(72票)

気になること、困ったことのどちらも「食事」に関するキーワードがランクイン。招待されたゲストの関心が高く、楽しみにしているポイントであることがうかがえます。

披露宴のテンポの良さや、料理はとても大切!

さらに、もらってうれしい引き出物、困る引き出物についても判明。これから披露宴などを控えている人は、ぜひ参考に!

もらってうれしい引き出物ランキング トップ5
1位:カタログギフト(539票)
2位:お菓子(288票)
3位:コーヒー・紅茶など(182票)
4位:キッチン用品(155票)
5位:タオルなどバス用品(136票)

もらって困る引き出物ランキング トップ5
1位:新郎新婦の名前・写真入りグッズ(521票)
2位:新郎新婦の手作りグッズ(332票)
3位:結婚式当日の模様を収めたDVDや写真集(317票)
4位:食器(135票)
5位:花(116票)

もらってうれしい引き出物には、自分で選べる「カタログギフト」や、食べたり飲んだり、生活の中で使いやすい実用的なものがランクインしました。一方、もらって困る引き出物の上位には、いずれも新郎新婦の印象が強いアイテムが並ぶ結果となりました。引き出物は自己満足にならず、形に残らないものが無難なようです。

いかがでしたか? 「そうそう、あれってもらうと困るよね〜」と納得した人も多いかも!? 幸せのおすそ分けはうれしいものですが、できれば実用的なもののほうがありがたい……というのが本音と言えそうです。

【参考】※ 株式会社マクロミル