ヴァーディ移籍に関してクラブ間合意 ユーロ出発までにヴァーディが運命の決断へ

写真拡大

▽レスター・シティとアーセナルは、イングランド代表FWジェイミー・ヴァーディ(29)の移籍に関してクラブ間で合意に至ったようだ。イギリス『BBC』に務めるイギリス人ジャーナリストのデイビッド・オルシュタイン氏が伝えている。

▽オルシュタイン氏によると、レスターとアーセナルは、ヴァーディ移籍に必要な契約解除金の2000万ポンド(約31億円)を支払うことで合意に至ったという。この合意によって残すは、ヴァーディがアーセナル行きを受け入れるかどうかの1点に絞られることになった。



▽なお、アーセナルは今シーズンのプレミアリーグで24得点を挙げ、レスターの奇跡の優勝に貢献したヴァーディに対して、週給8万ポンド(約1237万円)の4年契約という好条件のオファーを掲示しているようだ。

▽ユーロ2016に向けたイングランド代表に招集中のヴァーディは、開催地のフランスに旅立つ6日の現地時間11:30(日本時間19:30)までにレスター残留か、アーセナル移籍という自身のキャリアにおいて重大な決断を下すことが求められている。