現在は廃止となってしまったが、1人の女子高校生のために存続していたというJR北海道の旧白滝駅が以前、中国で大きな注目を集めた。中国のネットユーザーやメディアはJR北海道の対応を称賛したが、中国メディアの新浪はこのほど、「これは美談などではなく、理性的判断に欠ける行為だ」と論じる記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 現在は廃止となってしまったが、1人の女子高校生のために存続していたというJR北海道の旧白滝駅が以前、中国で大きな注目を集めた。中国のネットユーザーやメディアはJR北海道の対応を称賛したが、中国メディアの新浪はこのほど、「これは美談などではなく、理性的判断に欠ける行為だ」と論じる記事を掲載した。

 記事はもしこの行為が私営企業によるものであれば「弱きを助ける情け深い行為」だと説明。しかし、旧国鉄のJRが「コストや利益ばかりを考慮するほうがおかしい」と主張し、ある意味で「当然の対応だった」と主張した。

 さらに、現代は「安っぽい感動」を好む風潮が広がっていると主張し、こうした風潮は理性的ではないと主張。中国福建省永泰県には教師が1人だけの小学校が19カ所、そのうちの11ケ所は生徒も1人だけだと紹介。福建省政府は生徒1人のために学校を残し、教師も生徒1人のために職責を果たしていると説明する一方、「北海道における1人のための駅の美談に匹敵するこの話に対して、まったく感動を覚えない」という見方を示した。

 記事はその理由について、生徒1人のための学校は莫大なコストがかかるだけでなく、同級生との交流もなく、教育の質も低下するからだと説明。そうであれば近くの学校に転入させ、宿舎や交通費を援助するほうがコスト面でも教育の質の面でも優れた解決策になると指摘。「この時代に溢れている安っぽい感動ではなく、理性的な分析にこそ真の価値がある」という見方を記事は強調した。

 「生徒一人のための学校」についての記事の提案する解決策には確かに合理的な面もある。だが、非合理的な要素を無条件に「切り捨て」て、合理化を行うことは果たしてすべてにおいてプラスなのだろうか。人間には感情があるものであり、北海道の駅のエピソードや福建省の学校の話も、人への優しさや温かさが背景にあるエピソードではないだろうか。感情を極端に無視した判断は社会や人を歪ませる可能性があるのではないだろうか。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)