外国から日本を訪れる観光客にとって、日本国内の空港から受ける印象は日本の印象を大きく左右することになるだろう。空港内で仮に不便な思いをしたり、不快な体験をすれば、日本に対する印象が悪くなってしまうかもしれない。逆に、空港ですばらしい体験をすれば、到着したばかりの観光客にとって日本はすばらしい国に映るはずだ。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 外国から日本を訪れる観光客にとって、日本国内の空港から受ける印象は日本の印象を大きく左右することになるだろう。空港内で仮に不便な思いをしたり、不快な体験をすれば、日本に対する印象が悪くなってしまうかもしれない。逆に、空港ですばらしい体験をすれば、到着したばかりの観光客にとって日本はすばらしい国に映るはずだ。

 中国メディアの東方頭条はこのほど、日本の空の玄関口である各空港について紹介し、「日本を訪れた人は誰もがその清潔さに驚く」と伝え、空港を見ただけでも日本の清潔さ、明るさ、精緻さを感じ取ることができると伝えている。

 記事は、日本の空港は日本語がわからない人にとっても非常に分かりやすい構造となっていることを称賛したほか、「トイレは非常に清潔だ」と指摘。さらに、格安航空会社は深夜、早朝に離発着することが多いことを考慮し、日本の空港では早朝から飲食店が営業している場合も多いと指摘。また、旅客が休息を取れるよう、椅子の作りなども配慮がなされていると称賛した。

 さらに、空港内の免税店は「価格は特別安いわけではない」としながらも、そのサービスは非常に気持ちの良いものだとし、中国人が「日本は買い物天国」と称賛する理由に理解を示し、こうした「細かい点にまで及ぶ配慮」は日本人の真面目さや、責任ある仕事ぶりによって成り立つものだと論じた。

 また記事は、日本人の「民度が高い」と評価されていることは「決して過大評価」ではないと主張。外国人客の印象を左右する存在である「空港」において、日本人スタッフの真面目な仕事ぶりはまさに「日本という国のイメージを代弁する存在」であると主張している。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)