船越英一郎がデスノ争奪戦に、圧倒的な存在感で最高裁判事役を怪演。

写真拡大

俳優の船越英一郎(55歳)が、“デスノート争奪戦”に参戦――。今秋公開される映画「デスノート Light up the NEW world」に、新たなデスノート所有者として出演することがわかった。

船越が演じるのは、裁判官の御厨賢一(みくりや・けんいち)役。御厨は最高裁判所で、限られた者しか任命されない最高裁判事という役どころだ。識見が高く法律の素養がある御厨は、なぜデスノートを手にし、どのような行為に及んでしまうのか……。

静かな恐怖を纏った最高裁判事を、他者が放つことのできない存在感で船越が体現。船越の怪演は、原作ファンのみならず、映画ファンやドラマファンも注目すること間違いなしだ。

映画「デスノート Light up the NEW world」は、10月29日より、丸の内ピカデリー・新宿ピカデリー他全国拡大ロードショー。