お金の教育どうする?わが子に「金銭感覚」を身につけさせるコツ4つ

写真拡大

皆さんは子どもと“お金の話”をしていますか? 子どもに話すことではないし、抵抗がある人もいるかもしれませんね。けれども、正しいお金の使い方を教えることは、子どもの将来に役立つことなのです!

そこで今回は、ファイナンシャルプランナーである筆者が、“子どもにお金のやりくりを教えるコツ”についてお伝えます。

 

■1:親子でお金のやりくりについて話し合う

子育て世代は特にお金がかかるものです。毎月のやりくりのために節約している家庭もあるでしょう。

けれども、「子どもにお金のことを伝えるのはタブーよね」と思っている人も多いかもしれませんね。お金の心配をさせたくないという気持ちもあるかもしれません。

でも、“お金はあるのが当たり前”と思って育った子どもが、大人になってから上手にお金を使えるようになれるのかといえば、疑問です。長い人生の間には、収入がたくさんあるときも、逆に少なくてやりくりが大変なこともあるはずです。どんなときにも慌てないように、お金のやりくりについて教えておくことも大切になってきますね。

 

■2:毎月の収支を教える

子どもにお金のことを聞かれたら、ありのまま伝えるのをおススメします。

毎月どのくらいの収入があり、支出はどのくらいなのか教えることに抵抗があるかもしれません。ですが、お金の感覚を身につけてもらうのには、一番分かりやすい実例なのです。

包み隠さず話すことにより、働いてくれる親への感謝の気持ちが持てるかもしれませんし、限られた範囲でお金を使うことを感覚的にも分かってもらえそうです。

“うちにはお金がないから”とか“お金を稼いでいるから親に感謝して”などという必要はもちろんありませんが、正しく使うことを教えることは必要ですね。

 

■3:買い物に行ったら“値段”の話をする

さらに金銭感覚を身につけてもらうためには、あえて“値段の話”をすることもいいでしょう。そのためには、子どもと買い物に行くときには「いつもこんな工夫をして買い物をしている」や、「こういう理由で値段が上がった」というようにありのままを伝えるのもいいですね。

例えば、コンビニで弁当を買ったらこの値段だけど、スーパーで買った野菜や肉の値段はいくらで、いろんな料理に使うことができる。また、天候が悪く作物のできが悪いので野菜の値段が高くなったなど。

具体的な話をしながら、節約の楽しさとお金の大切さを同時に伝えることができたらいいですね。

 

■4:ルールをつくってメリハリのある買い方を覚えてもらう

子どもが欲しいものをむやみに我慢させると、反動で、大人になってから無駄遣いが多くなる可能性があります。一方で、やたらと買い与えたりするのもお金のありがたさが分からなくなってしまうことにつながりかねません。

子どもに“バランスの取れた金銭感覚”になってもらうためには、メリハリのあるお金の使い方を教えるのが理想的。

そのためには、お小遣いの中からやりくりを覚えてもらうこと。また、お手伝いをポイント制にして、貯まったら好きなものを買えるようにするなどルールを作るのもいいかもしれませんね。

 

以上、“子どもにお金のやりくりを教えるコツ”についてお伝えしましたが、いかがでしたか?

学校でも“お金の教育”はしてくれません。親がお金の使い方を教えなければ、大人になるまでお金に無頓着になってしまいがちです。ぜひ、“お金のやりくり”について家族全員で話してみましょう。

(ライター 高瀬真澄)

 

【関連記事】

※ お金がなくても…大丈夫!わが子を「自己否定的な子」にしないための方法

※ 金銭感覚にかえって悪影響が!? 子どもの将来を潰す「お小遣いのあげ方」

※ 金銭感覚に悪影響!親が子どもに見せてはいけない「お金のNG行為」4つ

 

【Specialコンテンツ(PR)】

※ 忙しい女性の「ムダ毛処理」のコツ!自宅で本格光ケアを実感

※ もう失敗しない!忙しいママでも簡単な「置き換え酵素ダイエット」が話題

※ 9割が効果を実感!辛い食事制限ナシの「青汁ダイエット」が話題

 

【姉妹サイト】

※ お金が貯まって願いも叶う!「ムダづかいを減らす」マイルールの作り方

※ ほうれい線よサラバ!「顔ヨガ」でたるみ撃退&キュッと小顔に

 

【画像】

※ Yarkovoy / Shutterstock