こんにちは、渡辺早織(@w_saori)です。
新生活にもすっかり慣れて、そろそろ緊張していた糸がプツっと切れてくる時期ではないでしょうか。急にどっと疲れが来たりイライラしたり体調を崩してしまう人もいるでしょう。
しかし、そんなときだっていつも変わらずフラットに接することができる女性っていませんか? 忙しい日々に疲れていても、どんなに体調が悪くても周りにそれを察知されない人。そんな人は自分の心のデトックスが上手な人なのかもしれません。
では、暴飲暴食やグチに走らないためには、どんなことをするといいのでしょうか?

心が乱れたときにするデトックス上手の10の習慣

1: 机の上、部屋の整頓をする

自分のテリトリーが汚れているときは、心が落ち着いていないサイン。早めに会社に行って自分のデスク周りを綺麗にするだけでも気持ちが落ち着いていきます。

2: 自炊をする

外食をしてストレスを発散したくなるときこそ自炊を心がけましょう。心が乱れているときは胃腸も疲れていることがあります。油を多く使う料理などは避けて、家で蒸し野菜や和食をゆっくりとかんで食べましょう。

3: ストレッチをする

体がかたまってしまうと柔軟な発想が生まれづらくなります。ぐ〜っと体を伸ばしてストレッチをしましょう。体全体に血が流れると頭もすっきりして、心にも大きな影響を与えてくれます。

4: ぬるめのお湯でゆっくり半身浴

暑い日が続くとついついシャワーだけにしてしまうなどバスタイムが短縮されがちですが、38〜40℃のお湯でゆっくりと半身浴をしましょう。心身ともにリラックスできます。

5: アロマをたく

イライラするときはアロマをたくのがおすすめ。気持ちをリラックスさせる香りの効果は絶大。ラベンダー・イランイラン・サンダルウッドなどがストレス解消にはおすすめです。

6: 睡眠時間を確保する

考えごとをしているとなかなか眠れないことがあります。「自分は睡眠時間は少なくても平気」と思っている人も要注意!
睡眠は人のサイクルで欠かせないものです。せめて週末だけでも今日はしっかり寝ようと割り切って、眠る前に余計なことは考えず肌触りの良いパジャマや寝具に包まれてぐっすり眠りましょう。

7: 深呼吸

日々の生活に追われていると実は知らないところで呼吸が浅くなっていることがよくあります。胸とお腹に手を当ててしっかりと深く呼吸ができているかを確認しながら深呼吸をしましょう。アーユルヴェーダの考え方でも呼吸は美と健康には欠かせないワード。体の中の空気の入れ替えをしましょう。

8: 歯磨きをする

歯磨きは毎日しているものですが、じっくりと歯医者でやってもらうイメージで細かいところまで歯磨きをすると驚くほどすっきりします。フロスなど道具がない場合は、歯医者でクリーニングをしてもらうのもおすすめ。

9: 早起きをする

仕事にでかけるギリギリの時間で起きていませんか? いつもより1時間早く起きてゆっくりと朝の時間を過ごすだけで気持ちに大きなゆとりがうまれます。朝ごはんをていねいに作ったり、コーヒーを飲みながら今日1日のことを考えたり、読書にあてたりと、いつもと違う朝の活動をとり入れてみましょう。

10: 自分のストレスを受け入れる

心のデトックスにはいろんな方法がありますが、一番は自分にとって何がストレスだったのかを自覚すること。「私はこれが嫌だったんだな」と受け入れて、解決できるものは解決に向けて進み、自分の力では解決できないものは日々変わる天気を受け入れるようにさまざまな世の中のことを受け入れようとする意識があなたを楽にしてくれます。

いかがでしたか? 心のデトックスをして毎日フラットな気持ちで過ごしたいですね。