ブルガリア戦では自ら奪ったPKを沈め、代表初得点。ハリルホジッチ監督からは「ボスになった」とジョークを言われた。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

 キリンカップ決勝に向けた公式会見で、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督は、ブルガリア戦で代表初ゴールを決めた新進気鋭のアタッカーをこう表現した。
 
「みなさん、ご覧になられたかと思いますが、浅野はもう“ボス”になってしまいましたね。自らPKを取って、勝手に蹴りました(笑)」
 
 その度胸の良さを指揮官も高く評価しているはずで、ボスニア・ヘルツェゴビナ戦で再び、プレーしてもおかしくはない。
 
 報道陣から出場の可能性を聞かれると、「まったく分からないです」とコメント。ブルガリア戦では右ウイングで起用されたが、本人はやはりCFで勝負したいようだ。
 
「欲を言えば、真ん中のトップで、どんどん裏を狙えればなと思います」
 
 もっとも、今はまだ必死のアピールが必要な時期。ピッチに立つチャンスがあれば、どんな要求にも応えるつもりだ。
 
「まず今は、与えられているところで役割を果たしてから、(CFでの起用は)回ってくるものなのかな、と。今は目の前のことに対して、自分の持っている力を出せればいい」
 
 ハリルホジッチ監督からは、素早い相手への寄せなど、守備面についても指導を受けたという。
 
 いつか、A代表のCFの座を掴み取るために――。貪欲に高みを目指す浅野の挑戦は続く。
 
取材・文:広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)