4日、中国スーパーリーグの江蘇蘇寧を保有する中国家電量販大手の蘇寧グループが、サッカー日本代表DF長友佑都が所属するイタリア・セリエAのインテルを2億6300万ユーロ(約318億円)で買収する見通しだ。

写真拡大

2016年6月4日、中国スーパーリーグの江蘇蘇寧を保有する中国家電量販大手の蘇寧グループが、サッカー日本代表DF長友佑都が所属するイタリア・セリエAのインテルを2億6300万ユーロ(約318億円)で買収する見通しだ。新浪科技が伝えた。

イタリアメディアの報道によると、インテルの代表者がすでに南京入りしており、細部を詰めている段階だという。蘇寧グループはインテルの株式の70%を取得する見込みで、交渉は来週行われる予定だという。(翻訳・編集/柳川)