宋和さん提供

写真拡大

(台東 5日 中央社)日本政府による2016年外国人叙勲で、故・宋文薫台湾大学名誉教授が旭日中綬章を受章した。生前は考古学分野で台湾と日本の学術交流に貢献。今月4日には台東で追悼式が開かれた。

日本の対台湾窓口機関、交流協会によると、本来は4月29日に発令される予定だったものの、宋氏は直前の27日に他界。同日付で死亡叙勲が発令されたという。

娘の和さんは、宋氏から「勲章をもらう」「お前だけが知っている。誰にも話してはならないよ」といわれていたが、ほかのきょうだいにも同じことを話していたため、詐欺だと思い「無視していた」と振り返る。だが、その後事実だと判明。日本政府の対応に感謝を示している。

(盧太城/編集:齊藤啓介)