動物、爬虫類に比べ、魚由来のクルマ名は少ないようです。そのさかなカーに遭遇したのは、イタリア・コモ湖畔のメルセデス-ベンツ先進デザイン・スタジオでした。ここに立ち寄ったのは2006年発売の新型Sクラス W221試乗の途中でした。17世紀建築という瀟洒な館でデザイナーたちが未来を探索していました。

脱線しますが、W221の印象は強烈でした。まず、ナウだともっていたフロアのATセレクターレバーではなく、ステアリングコラムから生えた短いレバーに変わったこと、ミリ波レーダーなる日本ではずーっと先と思っていた検知システムを用いた最新ディストロニック・クルーズコントロールのすごさ、合成音声ナビの英語の発音が不明瞭で、同じところをぐるぐる回ったことでした(アメリカ人友人も迷子仲間)。

さてデザイン・スタジオで発見したのが 「バイオニックカー」です。バイオニックとは、たしか1950年代の造語で、生物学的と機械を合成した新創造物のこと。1970年代後半のテレビシリーズ、『バイオニック・ウーマン』で有名になりました。サイボーグなる言葉もこの頃の造語だったと思います。

さて、ダイムラー-クライスラー(当時名)先進部門デザイナーたち、ミナミハコフグ、英名黄色ボックスフィッシュに着眼しました。サンゴ礁に生息する魚で、若い時期は鮮やかな色と黒い斑点が特徴で、鑑賞魚としても人気があります。危機が迫ると皮膚から毒液を放出し、他の魚に被害を及ぼすので、混合飼育はご注意を。

さて、デザイナーたち、ミナミハコフグがホンモノ、水槽の疑似サンゴ礁をひょこひょこ抜い、活発に泳ぐ姿から、優れたハイドロダイナミックス=空力と推測しました。そこで頭部が太く、テールをしぼりこんだデザインとしたのです。発表した空力係数Cd=0.19は、当時の少数生産車のベスト、米GMのEV1のCd=0.195より優れていました。

1.9Lターボディーゼル出力100kW、0-92km/h加速8秒、最高速190km/hの俊敏を誇りました。

コンセプトカーの身上の一つは話題性。メルセデス-ベンツ・バイオニックについても論議百出。「カワイイ!」、「ギャッ」、「ウッソ」などなどから、英王立学会、オランダ、アメリカ大学研究者からの反論まで出ました。研究者は、ミナミハコフグのサンゴ礁での俊敏性は、流体力学形状の洗練ではなく、むしろ根本的不安定とそれを克服する補機(尾びれなど)の巧妙な使いかたにあると論じました。いずれでもいいでしょう。バイオニック、愛嬌のあるデザインですよね。

コモ湖の遭遇から4年後の2010年、北京のオート・チャイナ・ショーで小魚風EVのびっくり発見。長安汽車の「グリーン-1」コンセプトでした。

3240mm×1640mm×1550mmの2+2トールボーイですが、最高速120km/h、航続距離200kmのEVでは電池重量がかなりの部分を占めます。

その翌年、幕張メッセ東京ショーで浜名湖近く原産の生物学風クルマを見ました。スズキの「レジーナ」コンセプトです。5ドアハッチ・コンパクトカーですが、車重730kgは軽自動車級です。空力抵抗係数は、「現行車(?)比較で10%低減」とのこと。欧州複合モードでCO2排出量70g/km、JC08モード燃費32km/L以上のハイブリッド並みを謳っていました。グリーンと白のツートーン、短い鼻と個性的な目、比較的立ったウインドスクリーンなど、興味あるデザインでした。スズキの最近コンパクト車たち、このほどの威厳には及ばないようです。

数年前までの北米国際オートショー名物(?)地下展示とイベントでした。閉会式と北米カーオブザイヤー発表、ミシュラン・デザインコンペ、そして小規模、新進メーカー、改造車などが並び、年によってただようカビ臭さというか、異臭雰囲気の別世界でした。

2008年の地下ショーに登場したのが、中国タンフア社のEV数台。「歌集」なんて名前もありましたが、際立ったのが「デトロイトさかな」、 4座ドアなしで水陸両用車とのこと。たしかに会場コボ・ホール外の川では小さなボートから釣り糸を垂れていた人たちもいました。

その名に違わず「デトロイトさかな」のボデイ側面には小さなヒレが生えていました。ただ、お誘いいただいても、デトロイト川に乗り出すのは遠慮させていただきます。

(山口京一)

泳ぐように走る? 魚がベースのクルマたち【F2P Vol. 16】(http://clicccar.com/2016/06/05/376691/)