奥大井湖上駅俯瞰/画像提供:大井川鐵道

写真拡大

【静岡観光/女子旅プレス】日本唯一の湖上駅として知られる静岡県の奥大井湖上駅。ほとんど乗り降りする人がいないことから秘境駅としても知られているこの駅が、今“恋の駅”として生まれ変わろうとしているんです。

【さらに写真を見る】絶景の秘境駅が恋の駅に?2人の心をロックする「愛の恋錠」とは

♥日本の秘境駅のひとつ「奥大井湖上駅」って?


静岡県川根本町〜静岡市葵区を走る、大井川鐵道井川線の駅のひとつ「奥大井湖上(おくおおいこじょう)駅」は、ダム湖に突き出した半島状の場所に位置し、自然豊かな山岳鉄道ならではの絶景に包まれています。

湖に浮かぶように見えることから「不思議な駅」と呼ばれ、さらには昨年度の一日平均乗降客数はわずか58名と乗降客数が少ないことから「秘境駅」とも言われています。

♥実は恋愛にまつわるスポットがいっぱい


この奥大井湖上駅は、静岡県が県民から広く募集した「恋愛・結婚・子宝」にまつわる噂のスポット「ふじのくにエンゼルパワースポット」に登録されており、同駅ではこれまで何度も結婚式が挙げられてきました。

さらにホームには、幸せを呼ぶ鐘「ハッピー・ハッピー・ベル」があることからも恋人たちが「愛を確かめ合う場所」「永遠の愛を誓う場所」とも伝えられています。

♥秘境駅が新たな恋愛スポットに


そんな奥大井湖上駅では、「恋人の日」である2016年6月12日(日)より「奥大井恋錠駅(おくおおいこじょうえき)」という愛称を採用することが決定。さらには、愛称に連動してハート型南京錠と鍵2つ、そして“奥大井恋錠”と印字された記念切符の2枚がセットになった「愛の恋錠」も登場します。

この恋錠に2人で名前を書いて、奥大井恋錠駅の指定場所に飾りつけをすると、後に「良縁に恵まれる」と言われている「水川阿弥陀堂」へと奉納してもらえるのだそう。

恋人たちのデートスポットとして、今後ますます人気を集めそうな奥大井恋錠駅。現在交際中のパートナーがいる方は、静かな渓谷に佇む秘境駅で、ひっそりと永遠の愛を誓いあってみてはいかがでしょうか。(女子旅プレス/modelpress編集部)

■奥大井湖上駅(おくおおいこじょう)


住所:静岡県榛原郡川根本町梅地字山椒打84-3
「愛の恋錠」発売箇所:大井川鐵道千頭駅、奥泉駅、新金谷駅前プラザロコ売店